叶音のスキナコト。小説・漫画・アニメ・その他妄想(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鋼鉄都市
2012年07月31日 (火) | 編集 |
先日の雪風再燃に伴い、久しぶりにSF読もうかなーという気分になり、
かなーり以前から「萌えるSF」と聞いていた、巨匠アシモフの「鋼鉄都市」に手を出してみました。
図書館にハヤカワ文庫版がなくてですね・・・私が読んだのはあかね書房の少年少女世界SF文学全集でしたが。

結論:うん、よくわかった超萌えた。

主人公は冴えない中年刑事のイライジャ・ベイリー。ロボット嫌いなのに、事件が起こってパートナーとして指名されたのは、宇宙市から派遣されてきたR・ダニール・オリボー(※ただし人間そっくり)(しかも眉目秀麗だ・笑)
嫌々一緒に捜査するイライジャと、まったく気にしていないダニール(だってロボットだから)。
この凸凹コンビが、事件解決して、友情らしきものを芽生えさせる今作。

―――って、これ読んじゃったら次作も読むだろ普通!!

なんだか読んでて、ものすごくレッドを連想していました。
ダニールの冷静沈着っぷり(だってロボットだから!)がなんだか斎木さん。
冴えない中年刑事(妻子あり)だけど、実は結構有能なイライジャが相馬さん。に見えた(笑)

イライジャもダニールもすごく可愛い!のだ。
ラストのイライジャのデレっぷりがもうほんとに可愛い。

イ「君は大切な友達だから、いなくなると淋しいのだ・・・」
ダ「淋しいという感情は私にはわかりません。でも、今、それを理解したいという気持ちになっています。あなたといつまでも一緒に仕事がしたい」
イ「それが友情という感情だよ、ダニール」

これは萌え判定するだろう・・・。
ダニールの切ないところは、彼が本当に「淋しい」や「友情」や「愛」を理解できないだろうってところだなー。
でも、ずーっとずーっと、イライジャのことは記憶している(忘れることができないってのもあるだろうけど)のだよー。切なー!!
ダニールが「パートナー・イライジャ」と呼んでいるのも萌えです(笑)

次は「はだかの太陽」です。早く読みたいっす。

あ、ところでがっつりSFのつもりで意気込んでたんですが、
普通にミステリっていうか警察小説としても面白かったです(笑)
最近警察小説=馴染みのある世界、になりつつあります・・・。
そういや神林先生の新作も今読んでいますが、これも警察掠ってて(公安警察SFとでも言ったらいいのか)ちょっと笑いました。
また主人公・公安刑事のおっさんが女子高生に「キモカワ」って言われて、「キモいは分かるけど可愛いってなんだ!?」と困惑しているのがまた可愛い(笑)
流石神林先生だわー・・・((((;゚Д゚))))ガクブル


-------------------------------------

周りじゅうがBBC版のシャーロックを見ているので、御多分にもれず私もうっかり見ています。
結構面白いな現代版シャーロック!!(笑)
ジョンがブログしてたりシャーロックがサイト作って事件募集してるのもおかしい(笑)
公式ブログがすごく面白そうなんですが、まったく英語力に自信がなくてですね・・・orz
ジョンのブログに書き込みしてるシャーロック、おまえらメールでやれよ、そもそも一緒に暮らしてるだろ?!と突っ込みたくなるようなことが書いてあるらしいので、ツッコミばっかり面白く聞いておりますよ(笑)
この前のバスカビル家の犬で、一生懸命ジョンの機嫌を取るホームズがずれてて可愛かったわー!(笑)そして安定のホモ疑惑ww

私が初めてホームズ読んだのは小学生の時、しかし某学習雑誌に連載されていた赤毛同盟とまだらの紐くらいで、あんまりホームズ読んでないんですよねぇ(;´Д`)
ルブランのルパンはちょこちょと読んでいた記憶はあるんですが、明智小五郎も読んでないしね、そういえばクリスティもクイーンもほとんど読んでない!ということで、クラシックはほとんど読んでないミステリ者です(汗)

BBC版のバスカビル家の犬が結構面白かったので、それから読んでみようかな?


ぽちぽちありがとうございますv
続きから拍手コメントお返事でございます!
お心当たりの方はどうぞ!


>まれおさま
こんばんは~!はい、こちらでも朝の挨拶は「暑いですねー!」ですよ(笑)職場に着くまでに既に汗だくの叶音です・・(;´Д`) 休みの日はもう家出たくない病にかかりつつあります(引きこもりまっしぐら)
BB弾は地味に痛いですよ!!お疲れ様です(汗)で、そのオチが特殊防諜班読書感想文ですかwwあぁでも、確かにブシドーというものを学んで欲しいですよね・・(遠い目)
約街>はい!私も水村さんが一番好きです!!(勢い良く挙手)BDと合体すると、「えっそこつながり!?」ってびっくりしますよ(笑)ソルティは余計なことに首突っ込んでグダグダにしてしまうので、あんまり好きじゃないのですが(ひでえ)だからお前は塩辛坊やなんだよ!!と言いたくなるっつうか・・・。BDで何かを「守る」男たちのかっこ良さを見過ぎているので、物足りないんですよねー。あ、山南さんは好きです(*´Д`)あと久納のおじいちゃんも(笑)
ではでは、コメントありがとうございました~v
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
突然失礼します。
ホームズ原作を読むなら、偕成社のハードカバーのものはいかがでしょう。
子供向けなのですが、完訳されていて、時代が香るような素敵な翻訳です。(訳し方は好みがあると思うのですが、図書館で子供向けの所にありましたら是非覗いてみて下さい。)
ホームズ大好きなので、ついコメントしてしまいました。ドラマもホモホモしくて楽しいですよね!
あ、エラリー・クイーンは創元推理文庫のものが好きです。こちらは大人向けです。
2012/08/01(Wed) 20:36 | URL  | はとり #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。