叶音のスキナコト。小説・漫画・アニメ・その他妄想(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蘇我くんの表の顔と朝ご飯。
2009年10月10日 (土) | 編集 |
今日は失業認定日でした。
朝っぱらから行ってきて、無事認定してもらってきました。
あー、疲れた!!ちょっとぐったり・・・・。


*    *    *


「凍土」を読み終わって、潜入捜査官の仕事っぷりもなんとなく掴んだので、
蘇我くんは一体なんの仕事をしてるんだろうなーと考えています。
見た目はぼうっとしてるけど、実は蘇我くんやり手ですよね!
こう、商社マンとか、保険の営業とか、広告会社勤務とか、そういう感じなんだろうか。
それとももっと地下っぽい(アンダーグラウンド系)んだろうか・・・・。
カトリック系の高校大学卒業ってことで、神父さんとかも美味しい設定だと思います。
・・・うん、やっぱり作者が最大手ですよね・・・!(笑)


もし商社とかだったら、宇田川くんが聞き込みしてる最中にばったり出会って「あ!」とか、そういう展開になったりしたら楽しいなー(笑)
でも蘇我くんは貴方なんか知りませんよ的な顔で「どうかしましたか?」ってしれっと言ってるんだよー!
「いえ、なんでもありません」って言った後で、顔に出すなんて刑事失格だ!と内心自己嫌悪に陥ってる宇田川くんを妄想してしまいます(笑)
ちょっと席を外した蘇我くんをトイレに連れ込んで、ってのはアリですよねvv

そしてHさまの同期SSでおでんの話がすごい好きなんですが、宇田川くんは蘇我くんに(おでんに限らず)ご飯を作ってあげてるといいと思います。
ちっちゃい頃に両親無くして、施設に預けられて、高校大学と寮生活、ってことは、
「誰かが自分のために作ってくれるご飯の味」ってのをほぼ知らないとみていいと思うんですよね。
公安だから使えるお金が沢山あるし、どんな高級料理も食べれるだろうけど・・・・そういう暖かさはお金では買えませんからね!
一緒にモーニングコーヒー・・・じゃないや、朝ご飯で、ただ炊いたご飯にちょっと焦げた目玉焼きにちょっと塩味の濃すぎる豆腐とワカメの味噌汁みたいななんの変哲もない朝食に、うるっときちゃったりしないかしら、なーんて。
で、上のメニューは蘇我くんのリクエストなんですが、宇田川くんは「期待するなよ」っていいつつ、材料をコンビニにひとっ走り買いに行って(刑事なんて仕事は不定期すぎて、買い置きしているとは思えない)
「お袋、味噌汁ってどう作るんだっけ?」
とかこっそり実家のお母さんとかに電話してたりすると可愛いなー(笑)
そして、目玉焼きに醤油か塩かソースかで揉めるのもお約束だと思いますvv





ぽちぽちありがとうございますv

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。