叶音のスキナコト。小説・漫画・アニメ・その他妄想(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドツアー(仮)一日目。
2009年09月24日 (木) | 編集 |


レッドツアー(仮)出発です!といっても、かろうじてレッドなのは1日目と2日目のみで、3,4日目は全く関係ないんですがまぁいいか・・・。
今回メモ帳もなにも持っていかなかったので、携帯でちまちま日記を書いてアップしていました。
意外とストレス溜まります・・・・(笑)私、携帯で文字を書くのにいまだにちょっと慣れてないので^^;;、パソコンの方が断然早いんですもの(笑)

6時に家を出て7時に松山空港着です。早朝過ぎる・・・・(ねむねむ)
行きしの新幹線は自由席だったんですが、ころっと姉が乗る車両を間違えました。
席を確保してやれやれ・・・としてたら、これ「やまびこ」だった―――!!という。
レッドで相馬さんたちが「やまびこ」にのってたので、
「乗りたいな~」
とか思ってたのがまずかったんですかね(笑)
やまびこは仙台行きで、山形行きのつばさと連結なのです。
珍しいな姉ちゃんがこんなポカミス…(笑)ま、くしくも目的は果たせた、ということで(大笑)
よく考えたら福島までは一緒なので、待ってもよかったのかも知れないけど・・・・・。でもつばさに乗れなかったら悲劇ですしね。
慌てて乗り換えて、もちろん座れずに立ちっぱでしたが・・・・。
ところでそのときにお母さんとちっちゃい子供2人の親子連れが、通路を挟んで両側にいたんです。お母さんは2歳くらいの男の子を抱いて、幼稚園くらいの女の子が通路の反対側にいまして。そんで女の子がぐずり始めるわけですよ。自分もお母さんと一緒にいたいのに・・・というのが丸わかりなぐずり方で。ちょっと両側の窓の方にいる男共どっちか席替わってやれ!!と心底思いましたね・・・・。なんという知らんぷりだ!!
米沢を過ぎたあたりでようやく席がちらほら空いて、ちょっと離れてたけど並んだ席が確保出来たので、どうせだからそっちに座りませんかと勧めて・・・・終点まで行くそうだから1時間くらいだろうけどちょっとはマシだったかな・・・。


山形着が1時頃でした。そんでバスに揺られて最初の目的地である蔵王まで1時間くらい。
蔵王のバスターミナルにあるコインロッカーに荷物を放り込んで、ロープウェーを目指します。このときはそんなには寒くなかったんですよ。でも、ロープウェーで登り始めたとたん寒い寒い!!山頂が11度とかって・・・・。
山に登るんだから、と私は警戒してジャケット羽織ってショールを首に巻いてたんですが(超重装備)、姉はなんだか油断してて長袖だけという・・・油断にも程があるよ!結局ショールを貸しました(笑)

紅葉の初めで、山はとても綺麗でしたよーvv
そしてお釜(カルデラ湖)を目指します。ここに来たい!と主張したのは姉ですが、私が了承したのはる○ぶ山形のこんな記述があったからです・・・・。
ロープウェイの終点から、馬の背と呼ばれる勾配が少ない道を通ってお釜を目指す、片道約1時間のトレッキングコース。お釜を眺めながら気軽に歩けるコースなので(後略)」


・・・・ちょっとこの記事書いたやつ出てこい・・・・!!!(絶対零度の呟き)



どこが気軽に歩けるコースなんだ―――!!!
も、帰りのロープウェイに貼ってある案内をみましたが、思いっきり上級者コースでした。だよねぇ・・・・。
あとでHづきさまにも「あれは地元民でも気合い入れないと」と仰ってました・・・。
姉が登山用の杖を持ってたのでそれを借りましたが、運動不足は否めません。本当にぜいぜい言ってました私・・・(爆)
もう尋常じゃなくきつかったです。約一時間で窪みだけ見えるところに到着しましたが、まだ先がありました。
「え、これを下ってまた登るの・・・?」
無理ですゲンミツに無理!だってあと1時間でロープウェイの最終出ちゃうし時間ないよ!というわけであえなくタイムアップ。道の途中とかあり得ない近道立て看板とかありましたが、それどう見ても獣道・・・・・。どこが近道?!Σ( ̄□ ̄;)
歩きながら、
「これ、もしデートコースに彼氏が設定したら、顰蹙もんだよねぇ・・・・」と思わず呟いてしまいました・・・。
「顰蹙かっちゃった・・・・」
「いやべつに姉ちゃんは彼氏じゃないからいいけど・・・」

山を下りたところで5時過ぎです。寒さで凍えてるわお腹空いてるわ疲労困憊だわ、で、もう温泉に入っちゃおうか、と近くの温泉施設に飛び込みます。大露天風呂も気になりましたが、ちょっと遠そうだったので。
玉こんにゃくを初めて食べましたが、味が染みてて美味しかった・・・!どうして愛媛では売ってないのかな・・・・。
あと湯ノ花が団子状になっているのでとても驚きました。10個250円くらいで道端で袋詰めされて売ってました。え、これ湯の花なの?!とこの時点で買っておけば良かったとちょっと後悔です。蔵王以外で売ってないと思わなかったので!
道後が硫黄の温泉じゃない所為かもしれませんが、湯ノ花確かに売ってますが、さらさらの砂状でほぼ入浴剤と一緒です。それしか見たことなかったので、団子をどうやって使うのか興味津々。一個そのまま湯船に放り込むのかしら(わくわく)
あと不思議だなと思ったのが、「滑り止めの砂」が道路のあちこちに設置してあるんです。これどういう意味・・?!地面が凍った時とかに使うんでしょうか?!
縦に並んでいる信号機の謎は、ブログに書いたら回答をくれた方がいて、とても有り難かったです。応えてくれる人が居るっていいですね!(笑)そして普通に雪の重さで壊れるのか・・・。雪国怖い・・(((;゚゚)))ブルブル


新左衛門の湯、よかったです。丁度内湯でバラ風呂をやってて、そして外には露天!熱めのと温めのと、そしてお釜が3つ並んでました(笑)も、露天がめちゃくちゃ気持ちよくて!乳白色のお湯が結構珍しく、「あぁ、温泉だなぁ~」と。
露天で一緒になったおばさまはお釜を見てきたそうで、でも蔵王からではなく山形方面から・・・だったそうで。4時間かかったと仰ってました・・。12時くらいに登り始めたのに、お釜についたの4時・・・・・。やっぱり日に当たってないと綺麗に輝かない、と残念がってました。ということは少なくとも2~3時には着いてないとダメですよねー。
で、ここでご飯も食べてしまいました。私は蕎麦を。辛い納豆が付いてました。うまうま。姉が納豆嫌いなので薦められませんでしたが・・・・。
温泉でゆっくり過ごしてしまった所為で、またちょっと乗り継ぎが上手くいかず(苦笑)
バスの運転手さんが気を使ってくれて、天童行きのバスの時刻まで無線で問い合わせてくれたり・・・ありがとうございました(o_ _)o))いい人だった・・・。
姉がこの時点で既に倒れそうになっていたのでちょっとヒヤヒヤしました。
ホントに乗り物に弱いんですよこの人は。どうも揺れがダメなんですよね。

無事に天童のホテルに帰りついたときはほっとしました・・・。
今回はツインが取れなかったのでシングル二つでした。場所はとてもよかったです。近くに足湯あるし、蕎麦屋あるし(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。