叶音のスキナコト。小説・漫画・アニメ・その他妄想(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拳鬼伝&特殊防諜班3巻目。
2009年09月18日 (金) | 編集 |
お茶会の入り口は夜になったら貼り付けます~。



拳鬼伝(無印)読み終わって、出来ることならやっぱり1から!と思いました。
2の「義闘」の辰巳さんの意味深な台詞の意味も理解出来たし。
この1っていつ出版されるんだろうか・・・・。
竜門整体院は、東急新玉川線の桜新町駅に近い住宅街にあります。そんで、辰巳さんはご近所に住んでて腰痛で通ってきたんですね。
で、もともと竜門さんがとある武術で免許皆伝だって知ってたんだ!
で武術がらみの事件が起こって、知恵を借りたいと竜門さんを引っ張り出しちゃうのね・・・。

(23~)
「よう、今日は先生を借りるぜ」
「悪いことに誘わないでね。先生は誘惑に弱いんだから」

受付と助手担当の真理ちゃん。24歳。この、竜門さんが真理ちゃんとくっつくようなつかないような感じで・・・・。
まぁぶっちゃけくっつかないような気が・・・・。
少なくとも、辰巳さんはくっつけようとあれこれ竜門さんに言ってますが(笑)

(245)
「じれったいな、先生」
「あなたこそ、奥さんを呼び戻すとか、再婚を考えるとかしたらどうです」
「ようし。本当にそうしてもいいんだな」

このやりとりにちょっと萌えました・・・。
まぁ辰巳さんは「真理ちゃんを口説かれたくなかったら、あんたも付き合うんだ」の台詞が付いてきますが。


で、私が借りたのは文庫(1999年出版)なんですが、対談が載っています。
俺の小説は絶対ハッピーエンドなんですよ、と先生が仰ってて。うんうんだから安心して読めるんだよなーと(*^_^*)
そしてまだこの頃は「賞も取れないし売れもしないけど(中略)消えもせず、潰れもせず、しかも売れもせず」って自嘲気味に^^;;
ここ数年でようやくブレイクですもんねー!

あ、あと先生の好きなタイプって水商売系らしい・・・。うーん、ミツコちゃんみたいなタイプか?!


ここからCPの話。
辰巳さん×竜門さんを妄想してちょっと自分でもどうかと思った・・・。
真理ちゃんの立場は?!みたいな・・・。
基本的に辰巳さんは竜門さんと真理ちゃんの仲を応援しています。でも、ちょっかいはかける。好きだし気になってしょうがないから。基本的に立場はお父さん。
真理ちゃんは二人の絆を羨ましいと思っててでもどうにかなるとは思ってなくて・・寧ろ兄妹みたいな。
竜門さんはというと、真理ちゃんの存在に心救われながら(でも妹的に)、辰巳さんがちょっかいを掛けてくるのに心乱さずにおれないというか、そんな感じの三角関係(?)に、見えます・・・・。





そして「特殊防諜班 標的反撃」(3巻目)
だんだん真田さんの愛され度が上がってきて笑ってしまいます・・・!なんというか、今野作品って、おおむね主人公総受けですよね・・・・(笑)
(56)
早乙女さんに、どうして真田の部屋を訪ねたんだ、と聞かれて答えるザミルです。
「サナダは実に魅力的な男だ。ときに、一緒に酒を飲みたくなる。あなたもそう思いませんか」

芳賀老人を訪ねる真田さん。恵理ちゃんも一緒。
真田さんの出自がまた少し明らかに・・・。
そんでもって、真田さんと恵理ちゃんが手合わせするんですが、恵理ちゃん強いっ!
技を伝授するためとはいえ・・。あっさりレンジャー仕込みの真田さん倒したよ・・・。


早乙女さんの冗談に、静かな剣幕で突っ込む真田さん(笑)と、その話をザミルにするときに、同じ冗談を言ってみる真田さん(大笑い)そりゃザミルも唖然とするよ!
(124)
「なんの冗談だ、それは・・・」
「・・・・・いや、いいんだ。気にせんでくれ」
真田さん、早乙女さんの影響を確実に受けてますよ!(笑)


緊急措置例の発令シーンがすごく好きなんですが・・・・v
そして今回の指令コードは「プロトコル」
「当ててみたまえ」
「あなたは、絶対に趣味でコードを決めている」
としっかり当てちゃう真田さん。だんだんこう・・通じ合ってきましたねー(笑)
(ちなみに一巻目は「ゼンガクレン」に、2巻目は「スワスチカ」でした)

(154)
「若い娘に会いに行くんだ」
彼は鏡を覗き込んで、ひとりごとを言った。
「少しは、さっぱりしなくちゃな」

若い娘って。まぁ恵理ちゃんなんですけど。
・・・・・なんかもう、真田さん可愛くないですか!?

今回は、恵理ちゃんが敵に回っちゃうんじゃないかとひやひやしました・・。



そして今読んでるのが伊坂さんの重力ピエロ。
映画を先に見ちゃったもんだから、映画版キャストで脳内展開されています・・・・。



ぽちぽちありがとうございますv
続きから拍手コメントお返事です。
お心当たりの方はどうぞ!

>あやせさま
こんにちは!またおいでいただいて嬉しいですvお茶会、もしお時間が合えばぜひぜひっv構ってやって下さい!
職場が神南署管内だなんて羨ましい!いいなぁ、神南署ツアー(というか事件現場ツアー)とかやりたい放題じゃないですか!もしロケ現場を発見しましたら、その様子を教えて下さい(笑)
ふふ、あやせさまも着々と読み進めていらっしゃいますねvv本当に、今野作品読んでると元気貰いますよね!!ヒグっちゃんは比較的大人しい主人公だと思いますが、愛され度はとても高くてイイ感じですよ~v
i某>まともに見はじめたのがSeason2からなんですけど、ガイドブックとかノベライズとか買っちゃうほど萌えたのはSeason7からですね。どーしてもどーしても薫ちゃんの卒業の一件(公式のあまりに酷い対応とか)に納得が出来なくて、10月から始まるSeason8は見ない宣言をしちゃってますが・・・^^;;(でもイタミンの動向とか気になるので、感想は巡ってしまいそうです・・・)
ではでは、コメントありがとうございましたー!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。