叶音のスキナコト。小説・漫画・アニメ・その他妄想(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンチョウ14話とか。
2009年07月13日 (月) | 編集 |
下の記事で書いてる拍手コメントエラーですが、
障害は復旧した模様ですー。ほっ。
(でも、データは帰ってきませんでしたけど・・・・)

月曜恒例ハンチョウ感想。14話!
ネタバレ考慮してませんのでご注意を!




・こちらの予想を大幅に裏切って「ツキ」ネタ(「神南署安積班」収録)でしたね。「偽装」じゃなかったか・・・。
・須田チョウが柔道大会で優勝して、安積班のみんなが大喜び!!
ていうか副将は中園さんか・・・w
「中園さんに骨折のアクシデントが!!」とものすごく嬉しそうな水野。
なんか中園さんが骨折したことが嬉しそうに聞こえるぞ?
・すげぇにっこにっこしてる安積さんが可愛すぎる☆そして吃驚しすぎの村雨が可笑しい。
・課長、そんな競馬の予想を須田に頼ってどうするw諦めきれずに「須田くん~」って追いかけてってるし(笑)
・てか、あの柔道話のメインは速水さんの計算高さ&須田への信頼だと思ってるんで、
「ちょっ、監督はいないのか!Σ( ̄□ ̄;)」という気分になりました。
なんであの場に速水さんがいないのか―――!!
細川ヘッドだったら余裕で一緒にきゃっきゃやっててもおかしくないのに(爆)
・黒木に呼び出される係長。
「イイ感じの人が・・・」
「女か!?」
えーっと、この場合男だったら吃驚なんですが、安積さん?(笑)
・被害者の奥さんに事情を聞いてるとき、安積さんがすげぇぼんやりしてるみたいに見える。
・「あの・・・貴方と須田の関係は・・・つまり・・・あの・・・・」と、言い淀んでいる水野。意外と純情系だなー。
・非番なのにみんなの顔を見に、要するに刑事部屋に遊びに来たのんきな須田。タイミング悪すぎだろ!?
・で乗り込んでくる本庁の相楽さん・・・。
「この件は本庁が仕切る」
寧ろ・・監察官とかの出番じゃないんですか・・・・。
・「口を出さんわけにはいかんだろ」ときっぱりと言い切るハンチョウかっこいい!!
・山口嬢。「でも書けません。だって、須田さんが容疑者だなんて信じられません」
うんうん。山口嬢も信じてるんだよね!(笑顔)
・黙秘を始めた須田チョウを持て余す相楽ん。取り調べをハンチョウへとバトンタッチ。
・このとき相楽ん、刑事部屋で待ってるんですが・・・なんで隣の部屋でマジックミラー覗いたりしてないんだろう?
・「俺は・・・刑事です」と言った須田チョウ。
「分かった。それだけ聞けば充分だ」と微笑むハンチョウに惚れ直します。この表情好きだー。
・拘置所にいる須田チョウを訪ねる黒木がいつも泣きそうな感じでちょっと萌え。
「なんで答えてくれないんですか?!ハンチョウに言えなくったって、俺にだけは言えるでしょう?!」
・泣きながら訴える黒木にこっちまで泣きそうになります(涙)
・「俺と須田さんの仲は、こんなもんだったんですか・・・!」
えっとあの、黒須はいりましたよね
・磯樽でひっそりと呑む速安。速水さん、なんかシャツ派手じゃないですか?(唖然)レモンイエローって。
・こういうの見ると、なんか困ったことがあるたびに、安積さんは速水さんに相談してるんだなぁと思えて微笑ましいです。
・「綺麗な人ですよ」と遙ちゃんにびっくりです。なんで知ってるんだ、と思ったら来てたんですか磯樽・・・。
・「子供の時からずーっとつきっぱなし」と大見得をきった須田チョウ。
(これ、見終わってから思うんですけど。須田チョウが彼女のことを思い出していたらこんな台詞言わないような気がするんですけど?)
・課長!!(感涙)「やつがやってないと言ったならやってないんだ! 証拠を見つけろ。須田が無実だという証拠を!!」見栄とかじゃなくて、課長がちゃんと須田のこと信頼してる台詞言ってるよー!
・須田チョウの為に、無実を信じて走る黒木がいいなーvv
・「知ってた?!」えーっと、二ヶ月前より以前に聞き込みをしてたってこと?
それス・・(自主規制)
・須田チョウの所為で彼女のお父さんが死んで・・・って、なんかどっかのドラマで聞いたことあるような設定だな・・・・。
・奥さん、いつから須田チョウが幼なじみって気づいてたんだろう・・・??って思ったんですが、出会ったときになのか・・・。
・いかん、なんか先週から変なフィルターかかってて・・・・。
「須田、震えてました」と、彼女に須田チョウの柔道大会の話してるときのハンチョウが、次男とお母さんに見える・・・。
・須田チョウの子供時代の子役の子、結構似てるなぁ。
・「ずっと見守っててくれて・・・ありがとう」
いやそれ、一歩間違えればス・・(自主規制再び)


最終回は完全オリジナル、か?(あらすじ見ても元ネタが分からなかった)
ああ、もう最終回なのか・・・・・orz 月曜の楽しみがなくなってしまうー!
2期やって欲しいです、と熱烈希望。
DVDの宣伝をしてる安積班と神南くんが可愛いーvv
桜井ってば、須田チョウの頭に神南くん乗せてるよ!(笑)


--------------------------------


「偽装」ネタじゃなかったので関係ないんですが、
やっぱりヘッドに例の台詞を言って貰いたかった叶音です。

というわけで、続きからそのネタです。
アレなネタなんで苦手な方は続きを開かないようにお願いします。
まぁ要するに女の子化の話です。

OK!な太っ腹なお姉様は続きを反転させてくださいませ。


今月初めからなんか変なスイッチが入っちゃったらしく、(原因は分かってる)
過去に自分が書いたもので一番のイロモノは何だろうと考えてたんですが、
やっぱりにゃんこ化と女の子化かなぁ・・・。
にょたい化ものは前のジャンルで途中まで書いて挫折してるんで、
おそらく書かないとは思うんですけど、ちょっとネタとして。

今野作品でにょたい化するとしたら、断然速水さん。
「俺が女だったら~」発言を原作でかましてますし(速攻で須田チョウに拒否られてるオチもおかしい)

速水さんが女の子になったら、絶対に翠ちゃんばりのナイスバディ!になるはず!!
でも背は少なくとも安積さんくらいで、極端に背が低いとかはなしで。安積さんがぎょっとするくらい背の高いナイスバディーでお願いします(何)髪もショートカットで、伸びない方向で。
そんで交通課の婦警たちに遊ばれてるといい。(主にファッションとかで)
速水さんが纏うことで、交通課の婦警の制服が怖ろしく扇情的になる不思議(笑)
楽しそうに安積さんに見せにいくけど、「そんな恰好でうろうろするな」と叱られて、(そんな恰好もなにもないのだけど、まぁ動きにくいしな、と
あとで交機隊の制服の2サイズ小さいのに着替えます。でも脇がぶかぶか(笑)
相当美人だから、須田チョウに取られるんじゃないかと不安になる安積さんとか、だめかな・・・(笑)
速水さんからしたら「なぜ・・?」と首を捻る安積さんの思考回路。

「ちょっとマル走をとっちめにな」
とか、普段と同じように仕事をする速水さんに、
「ちょっと待て!!お前はいつもの身体と違うんだぞ!!」と過保護になる安積さん。
「大丈夫だって何度言えば分かるんだ?」と速水さんに呆れられてるといいと思う。
筋力は多少落ちたとはいえ、絶対にそこらのマル走には引けをとらないはず!!
というか、交機隊の部下達が必死に守ってそうですが(笑)

で、速水さんがにょたい化したなら、安積×速水を見たい。
801で安速は想像出来ないんですが、おにゃのこ化したならアリかな、と思う。
安積さん最初は盛大に嫌がりそうですが・・・(安積さん的には、わけのわからない生き物になってるから)
「妊娠でもしたらどうするんだ!」係長に言われたら。
「お前の子なら産んでも良いな」くらい、ヘッドならさらっと答えそうな気がします。
「お前・・抵抗はないのか?」
「あるわけないだろう?」
どっちでもいいんだ、と速水は言うのだ。
「相手がお前なら、男だろうが女だろうがどっちでもいい」
俺が男に戻っても、お前が抱きたいなら抱けばいいさ。
艶やかに微笑んでみせる速水さんに、
愛情の深さで負けてる気がして悔しい安積さん(笑)
結局、誘われるままに速水さんを抱いてしまう安積さんです。


そんな感じの安速がみたい<自分で書けよ、という話ですが・・・。



うちの速水さんは、安積さんなら受け攻めどっちでもいいと考える人間なんだよな・・・。
安積さんさえ手にはいるなら。
ただ、意地っ張りな安積さんが自分を抱けるとは考えてないので、
順当に攻めです(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。