叶音のスキナコト。小説・漫画・アニメ・その他妄想(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
果断とか。
2009年05月30日 (土) | 編集 |
本日休みだったので、出掛ける用事を除いて読書に没頭していました。
でもあんまりいっぺんに読むのはもったいない・・・と思うので少しずつにしようと思ってるんですが。
浸ってる時間が至福過ぎてなかなか抜け出せません。

今日は、「任侠学園」と、「果断」読了。

「任侠学園」
またしても組長にいいように振り回されている日村が可愛いです。
今野センセは、物語の快楽を分かってる人だなぁ・・・・。楽しくってしょうがない。
2時間ぐらいで夢中に読み終えました。
日村がどんどん愛されてくのが見てて気持ちがイイですね。生徒も教師も可愛いなー。
前回と同じように、また学校から去っていくんですが、
そのときにみんなが名残惜しそうに入れ替わり立ち替わりやってくるので、
そこらへんも泣かせます。実際日村泣いてるしw
「あなたに、いてもらいたいんです」
「僕らは、もっとあなたから色々なことを学びたい」
「どうか、学校に残ってください」
こんなに請われるやくざってどんなだー!(笑)
囲碁少年とのデートフラグに期待しますw


安積班がドラマ化したので言っちゃいますが、
これもドラマ化したらいいとおもう。
是非カッコカワイイ役者さんに、日村役をやって貰いたい・・・。
いやまぁ、ドラマ化って賛否両論あると思うんですけど。
でもSTとかこれとか、ドラマ向きだと思ってます。

そういや隠蔽もひぐっちゃんもドラマになっていたそうなんですけど。
見たかったなー。。。


このシリーズ、もっと読みたいなー!!
でも、先生シリーズ抱えすぎな気がするんですが・・・・。
この前隠蔽3が連載終わって、今安積班連載してて・・・。
イタミン短編もまだ単行本になってないし。


で、「果断」・・・!
冴子さんが入院して、家ではなんの役にもたたない竜崎に禿げ萌えます。
だめなお父さん・・・!(笑)
「俺とお前の仲じゃないか」と伊丹に言われて、
だから嫌なんだ・・・と心底げんなりしてるのも(笑)
竜崎のアニメに対する偏見というか・・・・無知すぎて天然丸出しの発言に爆笑しました。
そして、ナ○シカをみて真剣に感動してる46歳に萌え・・・・!!!(ごろごろ)
ちょ、なにこの可愛い生き物は・・・・!!
判を押しながら刑事部長と話をする竜崎を貝沼副署長がひやひやしながら見てるんですが、伊丹さんが
「こいつはいいんだよ。幼なじみだし、色々と借りがある」
なにこの特別扱い・・・!!(ごろごろ)
幼なじみと言いふらしてるのはイタミンなんですよね・・・!!(キラキラ)
首席監察官の小田切さん。食えない人ですwでもこの人結構好きかも。ぽかーんとしてる竜崎も可愛い!
冴子さんになんともなくて良かった~。冴子さん大好きなので(そして今回も決め台詞「よろしい。国のために働きなさい」があって嬉しかったー!)ほっと胸を撫で下ろしました。
最後の病室で二人っきりになって、「もうすこしここにいてもいいですよ」と冴子さんから許可(笑)がおりて、照れくさそうにぼそぼそ会話してる竜崎が可愛いです。てか、冴子さん「はい」しか言ってない(笑)
仕事はできるけど、ほんとダメな人ねぇ・・・と心の中で微笑まれてると思われますw


今野作品読み終わった後は、必ずと言っていいほど幸せ感が胸に溢れるのはどうしてなんだろう。
よかったね―――!!とにこにこしてしまう。
幸せいっぱい、夢いっぱい、妄想いっぱい。今野先生ありがとう・・・!!

ついでに2007年8月号の「試練」を読んで、これは隠蔽3を早く読まねばと決意しました。
いたみん、竜崎を「かわいげがない」って思ってるけど、竜崎にそういうことを求める方が間違ってるから!(爆笑)
竜崎に頼み事をされて、「気分がいい」と思ってるのもにやにやしてしまいます。
しかし任せろ、と大言壮語な割には「どうしよう・・・」と悩んでいるへたれっぷりにも萌え。
小学生時代の回想シーンに激しく萌えました。コミュニケーション取りたくてちょっかいを出した、って
好きな子に振り向いてほしくてちょっかい出してるってことでいいんですよね?
もうイタミンの初恋は竜崎でいいと思いました。
イタミンが竜崎の結婚の時期をしらないのには驚きましたが・・・・。

山本周五郎賞のインタビューも良かったですーvv
寡筆にはなりたくない、と仰ってるので、もう、一生ついていきます、と思いました。


----------------------------------------------


ドラマハンチョウの「三国さん」は、どうやら村雨の先輩らしい。
・・・・・なんだか村雨様々だなぁ・・・・・・。原作での扱いを知ってるだけにちょっと唖然(笑)
まぁしょうがないか。村雨にあんなイケメンあてがった時点でしょうがない!
昨日寝る前にちょこっとだけ「神南署安積班」の「部下」を読み返してて、村雨可愛いなぁーと認識を新たにしました。
桜井の働きで犯人確保に繋がって嬉しい村チョウが、犯人逮捕の祝いの席で珍しく陽気に酔っぱらって、

「桜井がね、逃げる容疑者にこう、タックルしたんですよ。飛びついてね・・・。後ろから、こうですよ。見せたかったな・・・・」
村雨は身振り手振りで話した。桜井は照れて苦笑している。
その後も、村雨は酔って「桜井がね」を何度も繰り返した。心底嬉しそうだった。


そうそう、12話にアンディが出てくるそうで!
アンディのイメージがちょっと違ったんですが(笑)まぁ、それはおいといて。
安積さんのあんなしーんやこんなシーン、そしてそして、ヘッドの見せ場!!があるといいなぁ、とわくわくしています。
あの見せ場がなかったら、ヘッドが白バイに乗っている意味がない!!よね!?


スポンサーサイト
安積班読了!
2009年05月29日 (金) | 編集 |
「イコン」読了!安積班全部制覇しましたよ・・・!
うふふー、イコンも萌え度かなり高いです。捜査会議中に安積さんを肘でツンツンつついて自分の方を向かせるヘッドかわゆい。
現場に向かう途中の、二人の会話も超可愛い!
速「俺も若い気でいるが、片っ端から忘れていくぞ」
安「まぁ、ある意味で羨ましい人生だな・・・」
そんなことすら自信満々に自己申告する速水さんに呆れ顔の安積さんが容易に想像出来て爆笑。
安積さんは目黒でハコバンやってたんですね!
パトカーの運転となると速水さんの独壇場で、自分のやるべきことは安積さんを一刻も早く現場につれてくことだ、と自分の役割に徹してるところにも萌え。
今回もそうなんですが、安積速水コンビで捜査・・・って意外に多い気がするんですが・・・。
速水さんが首を突っこんだり、通りがかって「(俺を捜査本部に)連れてっていいぞ」って言ったり、「その制服を脱いでみる気はないか?」と係長に誘われたり。普通に捜査本部に吸い上げられてたり。
あぁ、速水さんがパトカーに安積さんを乗せてるシーンが多いのか・・・・。
基本的に、捜査本部に吸い上げられたりしたら、どうせ一緒になったんだ、と安積さんをパトカーに乗せていこうとする(しかも結構強引だ・・・!笑)ヘッドです。
この話で、ヘッドが須田チョウを認めるのかなぁ・・・。
しかし須田チョウにネカマ疑惑をかけるなんて酷いぜヘッド・・・!
でも、ヘッドにからかわれて無視する須田チョウに笑いました。強い子ですw

安積班は、速安の他に、黒須も可愛いなーって思いながら読んでます。
(「待機寮」の印象が強い所為ですが)
でも黒木くんは須田チョウに片想いであってこれっぽっちも須田に通じてないというのがツボです。
(基本黒木くんって不幸キャラだよね・・・・)
須田チョウ、食べない割に(食べるのを忘れる)脂肪が付きやすいってことは・・・つまり基礎代謝が低いんですよね。
・・・・・・冷え性なんですか?と思うとちょっと萌える(笑)
暑苦しいと思われがちだけど、実際はちょっと冷たいんですよ・・・と脳内黒木が無表情で呟いているんですよ。冬とかあっためてあげたらいいよ黒木・・・。張り込み中とかに。
ちなみに一番基礎代謝が高いと思われるのは速水さんです。無駄に体温高いイメージ。
45歳なのに子供体温なの(笑)
基礎代謝高い順(予想)速水⇒黒木(スポーツマン)⇒桜井(若いし)⇒安積⇒村雨⇒須田。
村雨はなんか胃薬飲んでそうなイメージだ・・・・。


時々ハンチョウドラマの公式見てるんですが。
村雨の中の人の書いた登場人物相関図のメモ。
桜井⇒村雨の矢印の中に、ハートマークがあるのがもの凄く気になりました。。。。
え、現場もそんな認識でやっているわけか・・・(唖然)

まぁ速水さんが安積さんを大好きなのは公認の事実ですけどね!(もうヤケ)


・・・さて、今度はダブルターゲットから刊行年順に読み返そうと思います・・・。
(まだ読みたいらしい)


安積班読み終えるまでは・・・と今野さんの他のシリーズは我慢してたんですが、
読み終わったので解禁して、あちこち同時並行読みを始めました・・・。


昨日、休憩時間にうっかり「とせい」(意味は、渡世)を読み出したら
止まらなくなってしまった・・・。(最初の10P程でもう、あまりにも主人公が可愛すぎて爆笑)
結局夕飯終わってからずっとゴロゴロ身悶えながら読了。面白すぎた。

刑事ものじゃないです。やくざ物です。いや、任侠物と言った方がいいかも。
主人公・日村誠司は阿岐本組の代貸(ナンバーツー)。
天然記念物並みの任侠道を弁えた礼儀正しい(笑)やくざなんですが、
この人も相当苦労人。
日村さんが持ち込まれた厄介ごとを頑張って処理していくんですが、
ちょっとした会話とかやりとりが相当可愛くって!!
一つは追い込みを依頼された工場の再建(なんで?!・爆笑)
一つは組長が倒産寸前の出版社を趣味で手に入れちゃって、
しかも組長ったら嬉々として社長に納まっちゃって、日村も役員にされちゃって、
こっちも再建に奮闘するという(笑)
なにがそんなに可愛いんだろう・・・と自分でも不思議なんですが、
敵と若い衆に対しては「俺」なんだけど、一般人含む対外的にはほぼ「私」で丁寧語で喋るたたずまいだと思う。
ちょっといらっときても
「だーかーらー、オヤジの道楽だって言ってるでしょう」とか。
(ここに出てくる味方のマル暴刑事も可愛いです。)
熱血じゃないんだけど、頭抱えてるんだけど、でもなんとかしなきゃ・・・!と
遠い目になりつつうろうろする日村さんが可愛いんです・・・・!!


外見描写がほとんどないんですが、30半ば、
そんなに身体はごつくない感じで・・・・多分ちょっと優男系なんじゃないのかなー。
こんな可愛くて礼儀正しいやくざ、ちょっとお目にかかれませんよ!!
そして日村さんも回りからもれなく愛されてます。ラヴv

はー、面白かった!(満足)
これの続編の任侠学園も超期待!!
こっちは荒れ果てた私立学園の再建に奮闘するらしい(笑)


つーわけで今野祭りになってます。
今、ひぐっちゃん(リオ)、安積班4冊、潜入捜査1~3冊、任侠学園、果断、小説新潮2008年7月
(伊丹短編あり。果断読み終わったら読みます)と、10冊くらい積んでます。
なんか他に借りてきても、今野さんで手一杯というか、頭がいっぱいで他の本がさっぱり読む気になれないので。
ふふふー、楽しみー。
なんというか、今野さんは読んでも読んでもまだ次があるってのが嬉しい!
そしてエンドレスに萌えられる。
しばらく今野漬けになりそうな予感。。。(ちうか既に)
今月は熱が全然下がらなかったもんな・・・・。
やっぱりご本人が最大手さんです。書くの早いですよね。萌えの大量生産されてますよね。


-----------------------

ドラマ名探偵の掟。来週遂に・・・!?(ドキドキ)
そういや、もじゃもじゃ頭によれよれスーツ、という天下一大五郎がドラマになるとえらいスタイリッシュな探偵になってますよね・・・(笑)
構成上手いなー、と今日も思いました・・・。「童歌殺人」、一番最後のオチもちゃんとあった・・・・(ぶるぶる)
そして、容疑者Xの絆、というドラマ脚本に爆笑。うまく繋げたなー。作者一緒だからくっつけてもOKてことか(笑)そしてちゃんと推理にも繋がる!というニクイ演出でした。

ハンチョウ7話!
2009年05月26日 (火) | 編集 |
ハンチョウ7話。
15話まであるそうなので、そろそろ折り返し地点ですね。
久し振りに箇条書き感想。しかしこれ、私しか楽しくない気がするんですが、待っくださってる方はいらっしゃるのでしょうか(笑)
私はファンサイトのハンチョウ感想巡りをするのは大好きなんですけどねv

ちょっと様子のおかしい村雨。
須田チョウ、松葉杖取れたんですね!椅子ごと連れ戻す黒木(笑)ちょっと可愛いなー、この二人。
みんなに囲まれる桜井。こええ・・・!
聞かなかったことにするByハンチョウ
村雨の娘さんは花ちゃんというらしい。
村雨の奥さんのお母さんが入院。で奥さんが実家に帰ってる状況らしい。「半夏生」のインフルかと思ったら・・・・流石にインフルは自重したのかドラマ班。(まぁ今回介護問題が焦点だったから変更したんでしょうね)
村雨を定時に帰すのに苦労する安積さん。ここらへんの安積さんの笑顔が超可愛いんですど!(身悶)
金子課長、神南署の実績になるかと思って元気いっぱいですね。
気のない返事のハンチョウ。朝飯食べ損ねたらしい(笑)
何故黒木に喋らせるんだ須田!メタボ危ないとかいわれてんぞ!(涙)・・・かと思ったら嬉しそうだな須田。はっきり言うタイプは嫌いじゃないらしい。黒木に変な顔されてるよ・・・orz
仲良く磯樽で飲む速水さんと安積さんv前回予告に速水さんがいなかったのでほっとしました。
「お前も色々考えてんのね」
「お前とは違ってな」
「僕だってね~」と速水さん。速水さんが「僕」って・・・!!(びっくり)
速水さんはお母さん似らしい。ご両親は健在。
涼子ちゃんと磯樽でごはん。
考え事する安積さん。涼子ちゃんに「ハンチョウ!」と怒られる安積さん。
意外とちゃっかりな涼子ちゃんだな(笑)
「(お父さんには)恋してくれてないのか」
「されても困るでしょ」ばっさり。可愛い親子だなぁ。
「それでも真実を明らかにするのが、我々の役目です」安積さん格好いいなぁ・・・・(惚れ惚れ)
案件を地域課に戻せと要請する金子課長。課長に逆らう安積さん。格好いいなぁ・・・・。
しかし金子課長、原作ではたたき上げの刑事で(だからお役所仕事は苦手)、あんなに安積さんに無理難題言わないよー!と思うのでちょっと残念です・・・・。原作の課長もお気になもんで・・・。
「真実を伝えるため」に動く山口嬢。ちょっと好感度アップ(笑)
「刑事は真実を突き止めるために動いてる」ハンチョウ。カッコイイ・・・!!
5時になっても帰ろうとしない村雨に「ハンチョウ命令ですよ」と桜井くん。安積さんの役に立ちたい村雨と村雨の役に立ちたい桜井・・・。二人とも可愛い。いやこれ、明らかに桜村フラグじゃないのか・・・・?
須田のツキがちょっと反映されてましたね今回!
そして今回はちゃんと犯人捕まえたね黒木!!よくやった!
「ああいう男は信用しちゃだめ。あの手の男は結婚詐欺が多いんだよ」と言われるハンチョウ。酷い言われようだ・・・!(爆笑)
打ち上げにちゃっかり参加してる速水さん。速水さんの定位置は安積さんの隣!そして妙に取り仕切ってる速水さん。
須田にM疑惑かけていいっすか・・・?

今回はとにかくハンチョウがかっこよかったです・・・・!
事件そのものよりも、安積班の面々を見てるのが楽しかったです。
そしてここ2回くらい、朗らかとか愛想がいいとかよりも、ちょっと静かな顔で考えてる安積さんが増えてうっとりです。
(いやまぁ、安積さんの笑顔可愛くて大好きだけど、基本ポーカーフェイスの安積さんだからね・・・)

さて来週の大杉漣は三国さんらしい。
・・・・・・三国さんって・・・・安積さんに刑事の仕事叩き込んだ恩師だよね・・・?
あの話?(に、しては・・・・あれ?)



------------------------------------


いんぺーそうさ熱がさっぱり下がらなかったので(苦笑)、イタミン短編を書庫で漁ってきました。
まだ単行本になってないからいいよな・・・。

小説新潮2008年1月号、イタミン短編読んで転げ回ってしまった・・・。
インフルエンザの話です。
イタミン視点だともう・・・・へたれっぷりが凄くてゴロゴロしてしまう。
早く帰れよ!!(苦笑)
危機管理を徹底した竜崎は流石ですね。
でも戸高さんはやっぱり言うことを聞かなかったのか・・・そしてかかったのか!(笑)
そして、竜崎(立場的にはたかが所轄の署長)に凄い剣幕で怒られるイタミンに萌え・・・・。
でも言うことを素直に聞くのが癪でちょっとごねてみるイタミンに萌え・・・。
竜崎が凄いツンツンツンツンしてるくせに、結局イタミンのいうことを聞いてあげるのに萌え・・・!!
(竜崎からすればそれが最善であって、イタミンの為じゃなく警察機構全体のためである)

ああもぅ・・・鼻血出そう。


2007年10月の「懲戒」も良かったですv
本当に頭を抱えて悩むイタミンが可愛すぎる。あのオサレでかっちょいいイタミンの性格が、実は苦労して築き上げた演技という点が萌えます。頑張れイタミン超頑張れ、と応援したくなります。
そして困ったときの竜崎頼み。あまりに単純明快な論理に、イタミンと一緒に驚いてしまった・・・。その手があったか・・!!
本当に魔法みたいだなぁ。
短編だと本当に竜崎の凄さとイタミンのヘタレッぷりが堪能出来て激しく萌え。
困ったときの竜崎頼みで電話をかけてる伊丹さんが愛しくてなりません。うぅ、ヘタレ攻め大好きなんだよぅ・・・orz
なんだよ結構ドツボじゃんか。


2006年6月の、吉川新人賞受賞第一作の「休暇」v
イタミンと竜崎の駆け引きがすごい好き。
本当に面白いこと考えるな竜崎・・・・。竜崎を説得出来ない伊丹に萌え。結局折れたのはイタミンの方だし(笑)
建前を使い分けない・・・原理原則を信じている男を、建前だらけの警察機構に置いたらどうなるか。
その試みに拍手。


・・・・早く単行本化してくれないかなぁ!(∩.∩)
隠蔽捜査
2009年05月22日 (金) | 編集 |
ぱちぱちありがとうございます。嬉しいですv



友人と一緒に「天使と悪魔」見てきました。そういえば、ダヴィンチ・コードもこのメンバーだったな・・・。
天使論とか悪魔論とか展開されるのかしらと思ってたんですが出てきませんでしたね。

イルミナティとガリレオ。宗教と科学。

2時間程度でさくさくと謎解きも進むんで、前回の「ダヴィンチ・コード」よりは見やすかったと思う。
しかしやっぱり謎が残る・・・
最後に焼身自殺したなんとかさん(横文字苦手)。彼は科学の実績を発表することを神への冒涜だと言い切ってますが・・・・
イルミナティは科学者集団の秘密結社じゃないんかい?科学否定してるがな。
違ったとしたら何がしたかったのか・・・とか、
イルミナティとの関係は?とか。あの実行犯雇ってただけ?
そこら辺がどうもすっきりしませんよ。
原作読んでたらもっと分かるのかなぁー。


---------------------------------------



「隠蔽捜査」読了。
”冒頭から読者を敵に回す男・竜崎”と好きサイトさんに書かれてあったんですが、
本当にえー!と思いました・・・ええ、解説にもありました。お友達になりたくないタイプ(苦笑)
でも、正論の男・竜崎です。
自分の保身を考えず、常に正しくあろうとする彼が、警察の危機と家庭の危機をどう乗り越えていくのか・・・という話。
そしてやっぱり、主人公愛されすぎ(笑)
筆頭は刑事部長の伊丹さん。小学校の同級生で、キャリアとして再会以来、「幼なじみじゃないか」と気安く接してきます。
でも竜崎は伊丹さんの取り巻きにイジメを受けていたと思ってるのでものすごくツンツン。
(結構な苛めだけど、別にイタミンが直接手を下していたわけではないし、イタミンは苛めの事実を知らなかった)
でも実は伊丹の方は竜崎のことを―――。
こう書くと意味深っぽいですが、・・・・・・誇張表現じゃないと思う
伊丹の危機に竜崎が間に合って良かった。ほんとよかった。
そしてもう1人、広報室長の谷岡さん。一言でいうとわんこ・・・・!!
竜崎に「俺はもう上司じゃなくなる」といわれた谷岡さんの台詞が、愛の告白に聞こえました。
「もし課長がまったく違う部署に行かれようとも、私はずっと課長を尊敬しています。それを忘れないでください(中略)本当の気持ちを申し上げているのです」


今野先生の他のシリーズでも思うんですが、中盤から俄然面白くなってきますね!

そして竜崎の奥さん・冴子さんの男前振りに惚れました。
「よろしい」
「国のために働きなさい」
この二つの台詞にノックアウトです。かっっこいい・・・!!!(転げ回り)
普段は穏やかな感じの人なのに、いざとなると男前に豹変。
カッコイイよ・・・・(溜息)
この人がどうして竜崎と結婚したのか是非聞いてみたい。
なんというか、竜崎は今回は間違えなかったけど、基本的に夫失格父親失格だよね。
現に冴子さんに無能呼ばわりされてるしw

伊丹視点での短編はあるそうなので(しかしまだ単行本になってないそうなので、
明日図書館で雑誌を漁ってきます・・・)

先生、冴子さん視点でなにか書いてくれないかなぁ・・・・。
伊丹とは顔見知りらしいので、是非伊丹と竜崎のイチャイチャを第三者の視点で!w


安積班の短編も大好きですが、黒木、村雨、桜井視点のやつがとにかく可愛いので、
これで須田と速水さん視点で書いてくれないかなぁ、と思ってますが、どうかな。。。
先生、須田と速水さんお気に入りだよね・・・。なんというか、聖域、という感じがする。
速水さんだって、第一作目は名前すらなかったのに(!)<名前がなかった(交機隊隊長とだけ)にしてはかっこよすぎたけど・笑)今じゃすっかり安積さんとコンビを組んだりして一作につき一回は名前が出てくるし。

今「イコン」読んでますが・・・。書類仕事ばかりやらされて「檻に入れられた猛獣」みたいになってる速水さんを安積さんが相棒として捜査に連れ出してますが。
立ち回りからなにから、速水さんが活き活きしすぎて笑える。。。
そんなに安積さんと一緒が嬉しいのか!
帰ろうとする安積さんに、「相棒なんだから」という理由で引き留める速水さんに萌えすぎてゴロゴロしてしまう。
相棒なんだからもっと一緒にいられるかと思ったのに、もうお前は帰るのか!みたいな。


安積さんが速水さんを相棒にすると、決まって速水さんが安積さんの刑事手腕に感心しています。
事情聴取が終わった後、「どう思う?」って聞いてるのに、速水さんは安積さんを絶賛してて、
「そういうことを聞いてるんじゃない!」って怒られるんですけど(笑)
なんというか、たとえば、
「今日の夕飯はこれこれこういうメニューで、具はこれとこれとこれを入れようと思うんだけどどう思う?」と聞いたのに、
「お前の手際は本当にいいなぁ」みたいなこと言われて、
「そうじゃなくて、このメニューでいいかって聞いてるの!」みたいな。
あー・・・ようするにただのバカップルにしかみえない・・・・。


うちの市で一番大きな本屋に問い合わせてみましたが、
ランティエは置いてないし置く予定もないと言われました・・・orz
検討するぐらい言ってくれ!!(泣)
結局通販することにしました・・・。
なんというか、安積班も(もちろんドラマも)もっと力入れて宣伝してくれたらいいのになぁ、と思います。
私の周囲で読んでる人間が少なすぎるよー。

今積んでる本の目処が付いたら「果断 隠蔽2」に移りたい所存・・・!


あ、うちのとこでも薬局・スーパー・コンビニと軒並みマスク完売です。
うちの職場でもマスク推奨。まぁ私はもとからマスク し て る け ど ね・・・・。
(花粉症⇒アレルギー&風邪で外すタイミングがなかった・・・)
ここも凄く人が集まるところなので、マスク義務づけちゃえばいいのにーと思わなくもない。
現にいつ発症者がでてもおかしくないですよ。
姉のトコでももうすぐ教育実習が始まるらしいし、まさか関西圏の人立ち入り禁止とか無理だろう。


ハンチョウ6話とか。
2009年05月19日 (火) | 編集 |
なにやらオンオフともにウイルスが流行っているようで・・・・・。
Myパソも一応検査しましたが、大丈夫そうです(ほっ)
皆様お気をつけくださいませ。

ここ一週間ほど咳が止まらずにへろへろになっていました・・・。
アレルギーと風邪が合体してた模様・・・。
熱は出てないのでインフルではないです。


さて、恒例のハンチョウ感想。
前回は・・・
「一緒に住むか!」「やだぁ」のことだけで終わってしまっていましたね・・・。
ええ、色々突っこみたいことはあったんですが、あのシーンで全部吹っ飛びました。恐るべしヘッド・・・・。
あれから一週間くらい毎日あのシーンだけ再生していました(爆)
可愛いよヘッド。可愛いよハンチョウ!
深読みするかしないか、なんだろうけど、
やっぱり同棲のお誘いだろう!?
「やだぁ」のハンチョウの言い方が可愛くてキュンキュンしてしまいます。
可愛すぎる。
狙ってるのを分かってるから、踊らされるのが無性に癪に触るんですが。
あぁ・・でも可愛いなぁハンチョウ。(結局踊ってるんですよね・・・)

原作だと、速水さんは確かに安積さんに幸せになって欲しいと思ってて、
「お前も幸せになれよ」の台詞は予想出来ました。あ、来るな来るな~と思ってた。
で、その流れで
「だから早く(元奥さんと)縒り戻せよ」と台詞が来るかと思ってたら、
(↑原作では結構な頻度で言ってる)

「いっそ二人で暮らすってのはどうだ?!」
に思いっきりズッコケました。
なんだよこの公開プロポーズ。
そして安積さんにあっさり断られた後、ちょっとふて腐れてるヘッドがかわゆい。
あー、ヘッドがハンチョウのこと大好きなのは分かったから・・・!!
「やだぁ」も相当可愛いですが、
「(携帯に)でちゃお」のヘッドも相当可愛いです。めろめろ。

安積さんのマンション、どうせ「1人で住むには広すぎる」んだから、もう一緒に住んじゃえばいいよ。(・・・・)
つかその話題を微笑んで聞いてる女将ってどうなんだ?
つか前に「お前のためじゃないぞ!」って言ってたのは、ただのツンデレだったんですかヘッド。
やっぱり元奥さんと安積さんを取り合ってたんですか!?
相○でも思ったんですが、やっぱりこういう連ドラは脚本家によって役の温度差や設定が微妙に違うんですよね。
ハシチョウ頑張って・・・・!
そして事件にはこれっぽっちも関わっていないのに毎回予告に出てくるヘッドに和みます。
ハンチョウに絡んでこそのヘッド・・・!(お前のその認識はどうなんだ)
だめだ・・・私あの軽いヘッドも結構かなり気に入ってる。つーか、ヘッドは安積さんが大好きであればそれでいいのか?
それが第一条件なのか?>自分(否定出来ない)
原作のヘッドはもっとふてぶてしく強気でゴーイングマイウェイな印象なのに・・・・。そしてそんな速水さんに対等に渡り合えるのは安積さんだけ・・・・。(あの相楽でさえ毒気抜かれちゃったもんなー)


ここまでが前回の感想(長 す ぎ だ・・・・!)


ハンチョウ6話。
入れ替わり話。元ネタが分からないなぁ・・・・。
今回は村雨大活躍で、安積さん自身は・・・なんか妙に考え込んでるというか生返事。「なんだあいつ!」って速水さんに不審がられております。
結局なにをそんなに考えていたのか・・・明かされてないんですが。
(前回の速水さんのプロポーズをまだ考えてるとかだったら美味しいのに!・笑)
しかし物憂げなハンチョウは本気で色っぽく見えてしまう。やだぁー(ハンチョウの真似)<自分に。
そしてやっぱり事件に関係ないのに首を突っこんでいる速水さん!ちょっと、交機隊の小隊長ってそんなに暇なの?!(笑)
犯人が出頭してくるまで署で待ってる安積さんにつきあって一緒に待っちゃうなんて。
どんだけ安積さん大好きだコノ野郎!!
出頭してきたことにきがついた瞬間の、ヘッドの嬉しそうな顔といったら!
そしてこのドラマ、村雨⇒安積推奨なんだねーとラストで思いました。生まれ変わったら話で盛り上がる安積班。
須田は村雨になりたくて、桜井も村雨らしい。水野は元のままでいいといい、村雨は口ごもった挙げ句、
「無理だから・・・いい」
「安積ハンチョウv」と女将に当てられてしまう村雨。どんだけ顔に出てるんだ(笑)
そして盛大に照れる村雨。うわぁーとこっちも赤面してしまった。照れてるよ村雨が!!(笑)
しかし「ハンチョウは宇宙人」と村雨に言われてしまう安積さん・・・w
次回予告に速水さんがいなくて超残念です!!これまで事件にこれっぽっちも関与してなかったくせに律儀に毎回出ているヘッドを笑ってたんですが・・・・。
つーか、速水さんメインの話を出してくださいよ―――!!
「噂」でもいいし、トウキョウ・コネクションとか暗殺予告、とかでもいいから!
流石に一冊丸々の「残照」は無理としても!!(爆)


最初は「なんだこの女刑事・・・」と思っていたんですが、
私、結構水野好きかも・・・。
すっかり草食系男子な感じのハンチョウに代わるように、肉食系女子ですよ!
威嚇してるシーンが好き。強い、強いよ水野!!(笑)
安積班で一番強いのはもしかして水野なんじゃ・・・。
安積さんに近寄る山口記者を牽制しているところといい、ナイトだなぁ(笑)

--------------------------------


安積犯シリーズ「半夏生」読了。
バイオテロ?!と思いきや、まさかのインフルエンザ(ネタバレ反転)パニック。タイムリー・・・・(半笑い)
今回は村雨が・・・。ツンデレだったのがちょっとデレ(笑)
村雨が親バカで桜井に娘の話を延々としてるのか!(爆笑)
そして今回も安積さんの足になりたがるヘッド。
でも速水の車は交機隊(本庁所属)だから、所轄が使ってもいいものか・・・?と桜井に相談する安積さん(笑)
まずいでしょう、と桜井が言った後、「でも誰も文句は言わないと思いますよ」と微笑む桜井。
そりゃそうだ、だって天下の速水さんですもの!

「さて、次はどこへ行くんだ?」
速水が言った。「俺は運転手だからな。なんなりと命令してくれ」
「気味の悪いことを言うな」
「心外だな」

(91)

気味が悪いとか言われてますよヘッド・・・!(苦笑)
あんなに尽くしまくっているのに(いや、尽くしまくっているからか?)、可哀想なヘッド・・・!と同情の涙を禁じ得ません。
愛はいつも一方通行・・・・。


さてあと一冊「イコン」を残すのみです。
でもその前に・・・「臨場」と「名探偵の掟」を読まねば。
でもその前にST2作目に手をつけちゃってます・・・。
それが終わったら隠蔽捜査に取りかかれるかなvv

前クールのドラマ原作本の「トライアングル」も読みました。
話が全然違っていて驚愕。つーか犯人すら違うし!
正直ドラマの方が面白かったかも。あれは脚本と演出とキャストの勝利だなぁ。
出る人出る人アヤシい人ばっかりで、毎回ヒヤヒヤしながら見てましたもん。
ちょ・・・っ(絶句)
2009年05月11日 (月) | 編集 |
ハンチョウ5話。



・・・・・まさか踊らされるまい、と思っていたんですが。
(別に桜 村じゃないから)


ラストの小料理屋磯樽でカウンターで二人で呑む速水さんと安積さんの会話。


速「ついでにお前も幸せになれ。今はいいよ1人でも。年齢いったらわびしいぞ~」
安「つくづくお前も世話好きだなぁ」
速「そうだ!いっそ二人で暮らすってのはどうだ?」(凄い良案を思い付いた顔)
安「・・・・・」(胡乱な視線)
速「なんだよ!ほんとにもう(拗)・・・そんなに嫌か俺のこと」
安「やだぁv」(←こう聞こえた)
速「・・・残念だな・・・・」(ややショック受けた顔)



・・・・・・・安積さんが小悪魔になってるΣ( ̄□ ̄;)


公式でマジでプロポーズかますとは思いませんでした・・・・。
幸せになれ、の流れからして、
「俺が幸せにしてやるぜハンチョウ」とかそういうことで合ってますか(白目)

ちょっとテレビの前で呆然としちゃったよ・・・・・。

ちなみに桜井が「村雨さんの方が経験豊富なのに!」とハンチョウに噛みつくシーンは、
桜井⇒村雨⇒ハンチョウな感じでしたね。
片想いループ・・・。


ちょ、公式自重・・・・orz




自分にびっくりだ
2009年05月11日 (月) | 編集 |
HDDつきDVDプレーヤーを買ったせいで、
なんだか自分でも吃驚するほどTV三昧です。
巻き戻ししないって楽だ。
でもバラエティは見ないしつけっぱにもしないのですが、
とにかくドラマばっか見てる感じですよ。
(以前ドラマはほとんど見なかったので・・・)

で、自分で自分にびっくりした話。
前クールで菅野美穂主役の刑事ドラマ「キイナ」を見てたんですね。
「かも?」「とか?」なんて可愛い菅野美穂に釘付け。そして管理官かちょえー。
と思いながら見てました。

で、そろそろDVDに落としておくか、とCMカット編集をしてて

「あれ?、このキイナの部下のキャリアくん、なんか見たことあるなー」

とふと思って。

次の瞬間「ゴッドハンド輝じゃん・・・!!Σ( ̄□ ̄;)」と自分にツッコミを入れました。

気がついてなかったのか自分・・・!!
(ゴッドハンド輝は、寺様目当てで1話から見てました・・・orz)
つーか主役・・・。
姉にその話をしたらものすごく笑われた・・・当たり前だが・・・。


ちなみに、ゴッドハンド輝。
寺様がお父さん(飛行機事故でもうお亡くなり)なので、1話以降は回想シーンにしか出てこない(苦笑)
あとは外見やくざっぽいけどものすごくカッコイイ院長と、
意外と原作と似てるんじゃないの、と思った北見先生につい集中してしまって。
すみません主役そっちのけでした。

もしかしたら、キイナでは菅野美穂と比べてるから背が高い印象があったけど、
輝だと他の男性陣と比べてちっちゃいイメージがあって、一致しなかったのじゃないのか・・・。
とか?(キイナっぽく)

・・・・・って、来週で最終回?Σ( ̄□ ̄;)
全6回って・・・すくなっ!でも次のキムタクのMr.brainも気になっている・・・。
しかしゴッドハンド、結構気に入っていたので残念です。
なんというか、医療ものに見せかけてなんか魔女ッ子なんじゃないの、とツッコミを入れたい。
変身シーンでお父さんの霊を呼び出して憑依、みたいな。
まじょっこ輝ちゃん・・・・面白かったのにー(笑)
手術シーンは、はらはらするよりもなんか変な笑いが込み上げてくる。

そして、病院経営がピンチの時に
「どうして相談してくれなかったんですか・・!」と涙目で院長を詰る北見先生に激しく萌えた・・・。
ちょ、北見先生てば院長好きすぎじゃねーの?
つーか院長かっこよすぎだー。
疲れて眠ってる北見先生に毛布を掛けてあげる院長。独り言で自分の夢を語る院長。そしてそれを実は聞いている北見(笑)
交渉しに行く院長を門で待ちかまえてる北見先生。
なんかこう・・・熟年夫婦だなぁ。

原作の最初の方は全然読んでないので(最近のは本誌立ち読みしてるけど)
漫画喫茶行ってこようかな、ふふ。


--------------------------------------------------------



名探偵の掟。
Loveshuffleのおうちゃんが名探偵をやっているようで可愛いです・・・!(爆笑)
そしてカフェの店員の男の子がすごい気になります。。。。
えっと、もしかして、天下一とこいつをくっつける気かドラマスタッフ・・・!!Σ( ̄□ ̄;) と思うほどあざとい演出。ええー。
ちょ、そこでなんで抱き締めちゃうの・・・!?(動揺)
でもどっちかといえば、「どうしようどうしよう・・・」と警部に絡んでいく天下一の方が好きだ・・・。
ビジュアルどうこうは気にしない。
あえていうなら天下一は「ピンで襲い受け」だと思うんだよな・・・・。
(えー、これから原作よみます・・・・)


-------------------------------------------

BOSSは最近ちょっとチラ見(あんまり集中はしてない)
それにしても・・・・BOSSを見ると、無性に今野敏のSTシリーズが読みたくなります。
まだ一作目しか読了してないけど!
一筋縄でいかない個性の面々に囲まれるキャリア上司、という設定が・・・・。
BOSSもいいんだけど、愛されキャップが見たいんですよ。
今野敏の、愛され系主人公は可愛くて良いなぁ。

ST 警視庁科学特捜班、読んだ感想。
なんという姫キャップ・・・・!!!(爆笑)かわいいっつーの!!
お嬢様キャップをみんなでもり立てていくのねこのシリーズは・・・という認識で合ってますか。
にやにやできましたし、わりとさらっと読み終えました。
基本的にみんな群れたがらない問題児だけど、でもみんなキャップのことは大好きなのね。
ホントに、今野キャラは主人公愛されすぎる。
このメンバーが、「キャップの言うことしか聞かない」というのに激しく萌えます。
萌ながら変な笑いが・・・・。
1巻の時点では、キャップ総受け(翠さん相手でも・笑)だけど、
青山くんとか赤城さんとか絡んでくれたら美味しいなぁ。
とくに青山くん。実はキャップ大好きだろ。


なんというか、このSTシリーズは、刑事ものというよりは、
戦隊ヒーローものですね。
特殊能力は持ってるけど社会人的にはどうよ、みたいな人たちを
凡人キャップ(一応キャリア)が一生懸命纏めようとわたわたしています(笑)
とりあえずメンバー覚え書き。
百合根友久=キャップ
赤城左門=法医学担当。女性恐怖症のSTのリーダー(でも自称一匹狼・笑)
黒崎勇治=毒物専門家。とにかく無口な武道の達人。
青山翔=文書鑑定・プロファイリング担当。絶世の美青年。秩序恐怖症で散らかってないと安心出来ない。決まり文句は「ねぇ僕帰っていい?」
結城翠=物理担当。不可聴域の音波も感じ取る異常に耳のいいナイスバディ。閉所恐怖症で服装も開放的。山吹才蔵=第二科学担当。坊主(曹洞宗)現場で必ず経を上げる。


明日はハンチョウの日なんですが・・・・。
ちょ、公式自重・・・!と叫んだのは私だけじゃないはずだ。
なんでも、桜井が村雨ラブな展開らしい。
まぁ、あの、原作も、桜井くんは結構村雨のこと好きですけどね・・・・(もごもご)


できれば腐女子に迎合しないで欲しいなぁ・・・
(と腐女子が言うのはおかしいかしら??)


そういえばこの前、交機隊の小隊長の中の人が番宣で出ていたのを見たのですが。
・・・・・ヘッドがあんな面白おかしい感じなのはこの人の所為ですか・・・!(爆笑)
動物とか家電について熱く語る語るw
ご本人がヘッドについて「お節介な人です」と仰っていましたが、
(原作でもハンチョウが「人のことなど知ったことかという顔をしているのにな」と思ってくすくす思い出し笑いをしていましたが)

お節介なのはハンチョウ限定ですから・・!とツッコミを入れてみる。

ランティエ求む!
2009年05月07日 (木) | 編集 |
この前から、角川書店PR誌ランティエを探しているのですが・・・・・・。


近場3軒くらい書店回ったんですが見あたらない。


そもそもPR誌、無料配布のやつなんです。。。他の書店のはあるんだけどなぁ・・・・。


なんでそんなに探してるかと言えば、
安積班の新シリーズがそれに連載してる&今月号は安積班特集組んでるらしい。


あぁん気になる!!
つかなんで置いてないんだよ~~~~!!

意外と楽しんじゃってる・・・。
2009年05月06日 (水) | 編集 |
友人が(正確には友人の妹さんが)、
「ハンチョウ、女性向きにしようとして失敗した感じ・・・・」と言っていました(苦笑)

確かに。あの村雨のイケメン振りには未だにちょっと違和感・・・(爆)

でも意外と楽しんじゃってます、ハンチョウ。
割と原作とドラマは別物、と割り切れた作品でもあるからかな。
だって、あの原作を忠実にしようとしたら、
絶対に安積さんのモノローグで50分のうち35分は埋まるね(言い過ぎだ)
安積さんは外から見たらポーカーフェイスでものすごく頼れる上司なのに、
内心では部下達の人間関係に気を回しすぎてものすごく取り越し苦労してるところが好きです。

「蓬莱」を読み終わったんですが、

・・・・・ほんと安積さんモテモテだな・・・・・・・。

蓬莱は安積班シリーズとはいうものの、出版社も違うし主人公がゲーム会社の社長なので、
警察外から見た安積さんが見れる珍しい一作です。
意外といっぱい安積さんが出てきて嬉しいです。
つか安積さんが出てくるだけでにやにやが止まらないので外で読めません。

「おい、警察の職務ってのは何だっけな?」
「え、どうしたんです。チョウさん・・・」
「正義を行うことだと言ったら、人は笑うかな?」
須田はうれしそうににやにやした。
(P190)

目黒署に筋を通しに行った後に、こんな台詞!
大人になりきれない安積さん達。。。そういやBDも「少年のような瞳」で社長はばったばったと男を魅了させてますが。
どうも私、社長は好きになれなかったんだけど、安積さんは好きです。
安積さんがポーカーフェイスの内側で怒ったり喜んだり悩んだり悩んだり悩んだりしてるからでしょうか(笑)
どうにも可愛くてしょうがないんだよ!!
速水さんが出てきませんが、安積さんがかっこよいので満足です!
弁護士の滝川さんも安積さんのファンに違いない・・・。


で、ハンチョウ4話。
原作とまるっきりキャラクターが違うんだけど、
なんだかこれはこれで楽しくなってきたw

特に速水さん。軽くなっても安積さん好き好きコールは健在なので、
これはこれでイイw

速水さんたら携帯で呼び出しちゃうし、「なんだ」と答える安積さんもなんか可愛いし。もー。
「刑事だって男だ。恋愛くらい自由にさせてやる」
「それをそっくりお前に返すぜ」(速水さんが肩をぽん)
「俺はいつでもウェルカムだ」
・・・・・このバカップルをどうにかしろ!!!誘ってるの?OKなの?
けしからんもっとやれ。
なんつーか、ドラマって、もしかして安積さんの方が攻めっぽいよーな気がしなくもない。


そういえば、今某PR誌らんてぃえで安積班連載してるそうなんですが。

一体何がどうなっているのか、安積さんとパトレ○バーのG藤さんが(伏せてみた)
同期って設定で書いてるって・・・・・・・。
しかも涼子ちゃんがビッグサイトで売り子してるって。。。
いったい安積班はどこへ行っちゃうんだ・・・?!
(しかしパトレイ○ーは読んでないのでこれから読みます・・・)

すごい気になる・・・・。つか、ホントどこの同人誌なんだこれ。
ちゃんと単行本に、なるよね・・・?(それが一番不安です)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。