叶音のスキナコト。小説・漫画・アニメ・その他妄想(笑)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンチョウ3話とか。
2009年04月28日 (火) | 編集 |
ハンチョウ第3話。
「陽炎」収録の一編「待機寮」を膨らませた話でしたねー。
神南署の管轄で起きた発砲事件。駆けつけた警察官は中園さん。
安積さんが涼子ちゃんの手料理を食べている・・・。通ってるのか涼子ちゃん。そして痛んだポテトサラダを父親に食べさせようとしてることに笑い。
中園さんは安積さんと同期だとΣ( ̄□ ̄;) 偉そう。つまり速水さんとも同期Σ( ̄□ ̄;)
どうも黒木と桜井の区別がつきにくい。良く喋る黒木だなぁ・・・・。
ドラマ版須田は酔うと絡むらしい(笑)
待機寮での中園さんの横暴振りは原作通り。「俺が黙らせますから」って妙に強気な黒木くん(笑)もっと身体張って須田チョウを守ろうとして欲しかった(願望)原作のストイックなくろきんが好きなもので・・・・。
小役人ぶりに磨きがかかってる課長。
安積さんにモーション掛ける山口嬢。あっさり振られました。
落ち込んでる安積さんを覗きに来たハヤミン。神南くんを使って慰めようとしてる!(爆笑)今回の出番はこれだけでしたが、ものすごいインパクト!!可愛いよ速水さん。最初の神南くん越しに安積さんを伺ってる速水さんは可愛すぎます・・!
「人徳の違いかなと思ってさ?・・・ははははー・・・・・って笑うトコよ安積ちゃん☆」
「面白すぎて涙出るわー」
ノリの良い安積さんだ(笑)
「無駄口叩いてる暇があったら捜査手伝え!!」と声を上げる安積さんに、
やだよ。ぼく、けいじじゃ、ないもん☆」と神南くんの声真似(?)しながら逃走するはやみん。面白すぎる。
原作でもドラマでも速水さんは安積さんのことが大好きなんですよね☆心配して笑わせにくるくらいには!!
ドラマでも「世界一交機隊の制服が似合うカッコイイヘッド」も出してくださいお願いします!!
物憂げに考え込んでる安積さんが色っぽいなぁ・・・・・・。
村雨と二人っきりで小料理屋に行く安積さん。ドラマ版の安積さんは原作と違って村雨となかよしですねw
つーかドラマ村雨は安積さんに気安い感じで不思議です(笑)
原作もこれくらい歩み寄ったら・・・・と思いつつ、
原作のあの村雨と安積さんの両片想い状態にジタバタする身としては、
あのまますれ違っていて欲しい(鬼か)可哀想な村雨萌えともいいます・・・。
そして中園さんを庇って撃たれる黒木!!原作にあるとはいえ・・・ひやひや。
・撃たれても元気な黒木(笑)
「あいつにもしものことがあったら、俺はあんたを許さない!!」と中園さんに詰め寄る須田チョウ。
課長、黒木の心配もしてあげてください・・・・・。
「すごい・・・役に立つ指示が一つもなかった・・・」と須田チョウ(笑)
犯人の奥さんにしゃべっちゃうハンチョウ。甘いなぁ・・・・甘い・・・・。でもその甘さがハンチョウのいいところだ!・・・というハヤミンの幻聴が聞こえました。
おにぎりで犯人陥落。
中園さんin黒木の病室。さぁあの台詞を言ってやれ黒木・・・・!!とテレビの前で息巻く私。
「須田さんの・・・・委員長のいうことを聞いてあげてください」
「分かった」
中園さん物わかり良すぎ。あぁんもっとごねてください中園さん!!そしてなんでそのシーンにハンチョウが同席していないの!(笑)


-----------------------------


最近休みの日はぐだぐだしてしまいます。疲れてんな・・・・。
今日「残照」を読み終わって、あと安積班シリーズは残り3冊となりました。あああ、読み終わりたくないよー!

読み始める前に友人に「刊行順に読んだ方がいいですか?」と聞きました。だって10冊以上あったもので・・・。
「大丈夫。金太郎飴みたいだから!」と言われたので、あまり順番関係なく読んでるんですが。
確かに金太郎飴みたい・・・・。とにかく安積さんたちの人間関係が変わらない。旧ベイエリアから神南署、そして新ベイエリアになっても、相変わらず速水さんは安積さんにちょっかい掛けに来るし。安積さんは心配性のままで、変わらず同じ人物に同じ心配同じ納得を繰り返してる(笑)登場人物の描写すら変わらないから、毎回安積さんは速水さんを「こいつほど交機隊の制服が似合う奴はいない」と思っているので、毎回惚気られている気分になります(笑)
でも、できれば、最初の旧ベイエリアの3冊は始めに読んでおいた方がいいかもです。
長編を読んだ後で短編読むと、あまりの安積班の面々の可愛さに悶えます。
ちなみに私の読んだ順
「二重標的(ダブルターゲット)」⇒「硝子の殺人者」⇒「神南署安積班」⇒「虚構の標的」⇒「陽炎」⇒「警視庁神南署」⇒「花水木」⇒「最前線」⇒「残照」
あと残りは蓬莱とイコン、半夏生の3冊です。


花水木の「月齢」と最前線の「暗殺予告」がもの凄かったので感想をば。
「月齢」
「陣頭指揮を執っているのは小隊長の速水のようだ。交機隊の制服がこれほど似合うやつもいないと、安積はいつも思っている。
速水は安積とまったく同じ年齢だが、まだ体は引き締まっているし、若々しく颯爽として見える。それが、ちょっと悔しい。」


いつも思ってるんだ・・・。ちょっと悔しいんだ!(笑)お茶飲んでたのに吹きそうになった。
安積さんの目に、どれだけ速水さんがかっこよく映っているのか、惚気られた気分になりました。
安積さん可愛すぎる・・・・!!(ごろごろ)
そんで速水さんを狼男に見間違えるシーン。これ、もう、二人出来てるよね・・・??マジに安積さんにビビられたのを感じて、不思議そうな速水さん。お酒を飲みに行った後、安積さんちか速水さんちに行ってるよね・・・・!
速水さん、本能強そうだよなぁー!そんで問いつめるだろうなー、と想像してにやにや。
狼男=性的魅力のある男のメタファー、という話を聞いて、余計にうわぁwと思っています。
つまり安積さんがどういう風に速水さんを見ているか、という話になっていくわけで・・・。
あと、村雨は普通に桜井を可愛がっていると思うよ係長・・・。係長の見えないところで仲良くしてる桜井と村雨を想像して萌える。

「暗殺予告」・・・・え、これ、BLですか・・?
「おまえさんも出掛けるのだろう?俺も警備にかり出される。パトカーに便乗したくはないか?」
「パトカーで乗り付けるほどの距離じゃない」
「まぁ、そう言うな。下の駐車場で待ってるよ」
「待て、私はまだ片づけなければならないことがある」
「3分後に駐車場で会おう」
(有無を言わさない速水さん)

「ハンチョウ殿。お待ち申し上げておりました。ハンチョウ殿の運転手を務めさせていただきます」
速水がにやにや笑いながら声を掛けてきた。
「わざわざパトカーで出向くほどの距離じゃないと言っただろう」
「てくてく歩いて現場に出掛けたんじゃ、本庁の連中になめられる」
(中略)
「私の運転手だって?ついでに私を乗せていくだけなんだろう?」
「心外だな、ハンチョウ。俺はよろこんでお前さんの役に立ちたいと思っているんだ」


そして向かう途中で先に行かせていた村雨と桜井を見かけた安積さん。

「おい、あの二人を乗せてやってくれ」
速水はちらりと横目で見ると言った。
「あれ、俺が運転しているのはタクシーだったっけな」
「いいから停めてくれ」


運転手って―――!!(爆笑)そんなに速水さんは自分のパトカーの助手席に安積さんを乗せたいのか。
そして乗せたいのは安積さんだけであって村雨とかは乗せたくないのか(笑)
安積さん以外はどうでもいい態度を崩さない。それが速水クオリティ。いっそ清々しいほどです。
二人っきりになりたいのね(笑)

「ハンチョウ。サイレンを鳴らせば、3分で着くぞ」
「やめてくれ。街にいる機動隊員を刺激したくない」
「どうしてもだめか?」
「だめだ」


そして安積さんを乗せると、必ず回転灯とサイレンを鳴らしたがる速水さん。安積さんに止められたい&怒られたいのか、それとも「安積は俺の嫁」と知らしめたいのか・・・(笑)
「陽炎」で張り込み中に「なんで俺までかりだされるんだ」とぶうぶう文句言ってますが全然本気じゃないし。安積さんの反応を面白がってるだけだ、って安積さんに見抜かれているし(そして本気で相手にされてない速水さん・笑)

安積さんの送り迎えをする速水さん。
「すまんな」と礼をいう安積さんに、
「言っただろう。俺はハンチョウの役に立ちたいんだってな」


つかなんでこれで狙ってないんだ今野先生。Σ( ̄□ ̄;)
これ、女性作家だったら絶対狙ってるって勘ぐりますよ・・・・。

そして、安積班制覇したら同作者の隠蔽捜査(今3まで出てる)読むんだ・・・!!

スポンサーサイト
萌え転がり中・・・。
2009年04月20日 (月) | 編集 |
現在安積班シリーズで萌え転がっています。。。。。(ノ・・)ン。。。。。。(((●
(前とその前の日記で一目瞭然ですがね・・・・)
このまま行くと確実にコンテンツ作り始める勢いですやべぇ。
作っていたら笑ってやってください・・・・。


とりあえずハンチョウ2話目の感想。
須田チョウがただのデブキャラに・・・(号泣)
須田は見た目よりは食べないんですってば!
(お菓子系なら桜井の方が机に隠してそうな気がするな・笑)
刑事にしては太りすぎ、でもその奥で素晴らしい洞察力と推理力が働いているのが須田チョウなのに!
安積さんが愛想が良くても速水さんが軽くても、まぁ、ありかな、と思うけど須田チョウは変えて欲しくなかったなぁ・・・・(しょぼん)キャストがいいだけに残念。
村雨のほうが勘がいいってどんなΣ( ̄□ ̄;)
どうしても黒木が桜井に見える・・・・。つーか村雨が黒木に見える。
はやみん、私服が革ジャンじゃないんだ・・・・。

はやみんの、「お前の為じゃない」といいつつしっかり係長のために動いてるところは萌ですよw

・・・・首締めて殺したのに自殺で処理されたって・・・ありか?
鑑識ちゃんと仕事しろー。


そして、予告で速水さんが神南くん(神南署のマスコットキャラ)のぬいぐるみをもぎゅもぎゅさせながら
安積さんに近づいていくシーンに吹いた。
どんだけ安積さんに構って欲しいの・・・・!(爆笑)
速水さん、本当に安積さんに構いたくて構って欲しくてしかたない風に見えるのは私だけじゃないはずだ・・・・。


BOSSと臨場も見ました。うん、悪くはない。
ハンチョウ>BOSS>臨場かしら。(今季の刑事ドラマの第1回の感想)

まぁ、あんなににこにこしてる愛想の良い安積係長、原作ファンからしたら変なんですけど(苦笑)
軽~いキャラの速水さんも変なんですけど!(笑)
原作速水はもう本当に格好いいもんね。係長も見とれちゃうもんねw交機隊の制服がよく似合っているらしいヘッド。
そして安積さんのこととなるとすっ飛んできて、事件に首を突っこんだり、安積さんをパトカーの助手席に乗せたがったり、
なんとか手柄を立てさせようとしてみたり。
安積さん専属アッシー(笑)の様相を呈していますよ!
キャラ的にものすごく速水さんが好きなんですわー。いつも自信満々でカッコツケで(笑)
「ベイエリア分署のシンボルと聞いて誰を連想する?」
「もちろん、俺だ」
には、安積さんじゃなくても笑っちゃうよ。そして、(そうだろうな)と思ってくすくす笑ってる安積さんが可愛くてキュン。


ちなみに、安積班を勧めてくれた友人に、
「ハマりました。・・・速水さんが好きです」と自己申告したら、
「やっぱりねー」と笑われました・・・。
「やっぱりなんですか?!」
「だって、バチスタだと誰が好き?」
「・・・・速水さん」
・・・・色々バレてます・・・・・・・orz


--------------------------



安積さんに信頼されてる村雨ってちょっと面白い(笑)いや、部下としては信頼してるんだけど、係長的には村チョウに相当苦手意識を持っているので・・・・。
苦手だけど信頼してる部下だし、えこひいきにならないように気を使ったり、「注意しなくてよかった」と胸を撫で下ろしていたり。可愛いよ係長・・・・。

虚構の標的(旧ベイエリア分署2冊目)読了。
速安的には萌所があって、特に最後は爆笑しました。どうしても一緒にお酒を飲みたい速水に、呆れかえる安積さん。
萌 え る って・・・!!(青が本文、括弧内は私のツッコミ)
(P49)
「しけた面だな、デカチョウ。交機に来いよ。鍛え直してやるぜ」
「威勢は良いが、どうも妙な噂が流れ始めているぞ。ベイエリア分署のスープラ・パトカーは、暴走族とカーチェイスを楽しんだ挙げ句、横浜のベイブリッジを見物して帰ってくるってな」
「まずいな。どこからばれたんだろう。だが心配するなよ、デカチョウ。ちゃんと切符は切ってくるから」
「おまえさん、もし俺がスピード違反や酒気帯び運転をやったら、やっぱり切符を切るかい?」
「いや・・・」
速水小隊長はきっぱり横に首を振った。
「あんたには切符なんぞ切らない。その代わり、その場でしょっ引いて、一晩ブタ箱に泊めてやるよ」
「何だ。夜中に話し相手が欲しいのか?」
「それほど暇じゃないさ。俺はあんたにぐっすり眠る場所を与えてやろうと言ってるんだ」(本当に眠れるかどうかは疑問ですがね。それともじっくり寝顔観賞なのか速水さん)
「おまえさん、本当にいやなやつだな」
「ありがとうよ、デカチョウ」
速水は部下達と笑いながら、一階へと入っていった。


そして事件解決で意気揚々と帰る途中で、スープラのパトカーに追われる安積班。
運転していたのは桜井くん。調子に乗って飛ばしすぎました。

(P260)
「あの野郎・・・・」
安積がつぶやいた。近づいてきたのは速水だった。
「20キロ・オーバーだ」
「俺には切符なんぞ切らんと言ってたじゃないか」
「おや、これはデカチョウ・・・・。たまげたな、お前さんでも法を破るのか?」(白々しい速水さん)
私が乗ってると知って追ってきたくせに―――安積は思った。
「法によるのさ。このいかれた大都会じゃ、この私が法律だ」
「20キロ・オーバー」(しつこい速水さん。というか、一緒に夜を過ごしたい速水さん、なのか?・笑)
「好きにしろ」
「そうさな・・・・これからどうするつもりだ?」
「事件を片づけたんでな、署で酒盛りだ」
「よし、決めた。その酒の没収だ」
「おい、刑事課を敵に回すのか?」
「そうなるかもしれん。だが没収の量はそれほど多くなくていい。この俺が飲めるだけでいい」
「あきれたな・・・・」
「いいか、俺が行くまで帰るな」
「どうせ、今夜は誰も帰らないよ」
「ようし、行っていい」(安積さんと一緒に飲めると分かって上機嫌な速水さん)
「おまえさん、俺が嫌いなんじゃなかったのか?」
「そう。だから、一緒にいて、酒を少し没収してやるんだ」
速水はスープラに戻った。スープラはすぐに高速道路を疾走していった。
「なんです、あれ?」
桜井が訊いた。
安積は「なんでもない」とうなるように言った。後ろで、ふたりの部長刑事(村雨と須田)がくすくす笑っていた。


嫌い嫌いも好きのうち、というけど、嫌いどころか大好きですよね、速水さん?
「ようし、行っていい」の速水さんの台詞が、可愛くておかしいです。ウキウキしてるの一目瞭然です。
怪訝そうな桜井くんに、恥ずかしくて仏頂面の係長、既に慣れっこになっている村雨と須田。
係長って、悩みすぎ&心配性過ぎ&気を回しすぎなのを速水さんは知っているので、速水さんにだけ「いやなやつ」とか言っているのが速水さんは嬉しいんだよねー。
ハンチョウの素を知ってるのは俺だけだぜ!みたいな。
係長が密かに小隊長の体格とかに羨望の眼差しを注いでいることもきっと知っているに違いない・・・・。
ごちそうさまでしたv

なんというか、狙って書いてると思うと途端に萎えるんですが、狙って書いてない場合―――男性作家―――は素晴らしく萌えます。
有栖川有栖、北方謙三、神林長平、そして、今野敏を付け加えておきます。
「なにがしたいの―――!!!」とモエモエジタバタするのが楽しいのです。

それにしてもドラマ版安積さんは可愛いな・・・・。あんなに可愛くぶらんこに乗る40代はそういないと思う。
そして置いてきぼり村雨にもちょっと萌。可愛い。それにしてもイケメン過ぎる。もうちょっとくたびれた中年でもいいはずだ。
原作の村雨の外見は
・見るからに警察官らしい警察官
・痩せ形でやや猫背気味
・常にストレスに苛まれているような険しい顔
・書類の書式や様々な手続きにうるさい
・杓子定規
(全て「陽炎」から引用)・・・・・脳内で川原さんあたりを想像してました。
優秀な警察官で安積さんは頼りにしてるけど、その一方で内心鼻につく・・・と思ってる。でもそういう気持ちを出さないように日々戒めている安積さん。そりが合わないのはしょうがない、でも依怙贔屓はしたくない。
安積さんに一歩距離を引かれてるのを村雨さんは分かってて、あくまで自分の役割に徹しようとしてる。
長編はほぼ安積さん視点で書かれているので、村雨が係長のことをどう思ってるのか非常に気になってしょうがなかったんだけど、陽炎で村雨視点の話があってにこにこしてしまいました。なんだこの可愛い中年。
須田相手におろおろする村雨なんかもあって可愛いかぎり。
そういや須田チョウのイメージは、よしながふみのフラワー・オブ・ライフの三國翔太だったり。
だって神南署の癒し系あいどるなんですもの須田チョウ・・・・(笑)


まだまだ読む本はいっぱいあって、それも凄く楽しみで、でも読んじゃうのがこんなにもったいないと感じてしまいます。
読み終わりたくないよー!!
バトン
2009年04月15日 (水) | 編集 |
【自己紹介バトン】
・3日以内に書く
・嘘偽りなく
・アンカー禁止
・回した人はちゃんとその人がやったか見に行く
・書いてない人には罰ゲーム

■回す人4人
・・・・・・・・えー、ご、ごめんなさい(汗)

■あなたの名前
叶音(かのん)


■呼ばれ方
かのんさん。かのんちゃん。
でもネット上の友達には前のHNで呼ばれることが多いです(笑)

■あなたの年齢
ちぐさっさ(@SILVER DIAMOND)と同じくらい(笑)


■好きなもの
趣味は読書、カラオケ、映画鑑賞、最近それにTVドラマが加わりました。


■今現在の恋人は?
いません(にっこり)


■好きなタイプ
付き合うとかそういうのなしで純粋に萌を感じるのはツンデレタイプ。
でもかわいーい女の子も大好きです。
マッチョは嫌い、といいながら薫ちゃんとかグリエちゃんタイプは大好きです(性格が)
ドラマ版のハンチョウは上司にしたいタイプ。原作版ハンチョウは速水さんとの絡みを見て萌えたいタイプ・・・・。

■嫌いなタイプ
私もムセキニンな人嫌いです・・・・。
あと人の話を聞かない人。上司にへつらい部下に威張る人。

■好きな音楽
音楽の神様は梶浦由記さん。あとはアニソンを適当に(笑)


■好きな食べ物
実はあんまり嫌いな食べ物がないので(あ、虫とかは無理ですけど!・爆)
肉も魚も野菜も好きです。和菓子よりかは洋菓子派ですけど。
あ、常に冷蔵庫に入ってるのはチーズかなぁ・・・。スライスチーズに粉なチーズにプロセスチーズにクリームチーズが入っています(今現在)チーズケーキ大好き!


■送り主を色にしたら?
オレンジです。元気なイメージvv


■回す人を色にしたら?
白(いないから)


■3日以内に実行しなかった場合の罰ゲーム
3日間スイーツ断ち。


---------------------------------------


今頑張って安積さんシリーズを読んでいますw
刑事ものというより萌小説として読んでいます・・・・・あ、それは最初からですけど。
速水さんに「お前は本当に嫌な奴だな」って(多分)笑いながら言ってるでしょう安積さん。
にやって笑ってる速水さんも容易に想像出来て、悪友っぷりににやにやしていたのが確か第1作目。
「硝子の殺人者」で、職権乱用して安積さんを攫っていく(語弊有り)速水さんにジタバタ。
お前本当に安積さんのこと好きなんだろう?!Σ( ̄□ ̄;)
大体交通機動隊が首突っこむことじゃないことについてっちゃうわ、ハンチョウの足になりたがるわ。
で、「神南署安積班」をにやにやしながらお昼休みに読んでいたら同僚の子に「そんなに面白いんですか?」と笑われた・・・・・。
でもこれ・・・ほんと萌えます。

安積さんって神南署のアイドルだよねー・・・・。部下達みんな安積さんの役に立ちたがっていて、
寧ろ安積さん総受け状態なんじゃ・・・・。
でも一番かっこよく攫ってしまうのは速水さんなので(笑)
まぁドラマはともかく原作の安積さんと速水さんがすきデスとも。
原作安積のツンデレっぷりがもうたまらん。
刑事は感情を顔にださないでいるべきだ、とポーカーフェイスの安積さんを振り回して崩して、そして多分一番大事に大事にしてる速水さんが好きです。
安積さんのポーカーフェイスも、多分速水さんにはバレてるよ。

速水さんはドラマみたいなあんなお調子者っぽくはないものの(笑)
安積ちゃんよばわりといい、ハンチョウにアピールはしっかりしていたので、合格です(そんな)
そういや原作読んでて「あれ?」と思ったことが・・・部下達は安積さんのことは「チョウさん」って読んでますよね?(特に須田)
「ハンチョウ」とか「デカチョウ」って読んでるの速水さんだけなんじゃ・・・・・??
あと、旧ベイエリア分署の3作目(第1刷)・・・・速水さん、安積さんより3歳年下、って表記があるんですが・・・・(苦笑)
「神南署」だと同い年(45歳)って書かれてます。


友人は「あんなの安積さんじゃない!」ってがっかりはしていましたけどね!(原作の熱烈なファンならしょうがない☆)
友人曰く、安積さんはナイスミドルZさんのイメージらしい・・・・(笑)
まぁ、安積さんはZさんみたいなくだらないオヤジギャグは言わないけどね・・・・。


短編集は寧ろキャラ物。桜井くん可愛いー、ハンチョウカッコイイ!
「私の仕事はおまえたちを評価することじゃない。フォローすることだ」って、
ちょ、桜井くんじゃなくても惚れますって!

寺様祭りとハンチョウ
2009年04月14日 (火) | 編集 |
本日お休み。
今日は一日寺様祭りやっていました。個人的に。
録画してたSeason2-7消えた死体(1時間)を見て、ひるおび!(2時間)見て、再放送のSeason5ー1(2時間SP),5-2(1時間)を見て・・・。
よく考えたら6時間寺様祭りだわ・・・。だって再放送してたら見ちゃうじゃないか!(責任転嫁)


消えた死体は、栄一に「したい!」と言われて一瞬身構える薫ちゃんに爆笑。迫ってないから!それにしても2丁目あたりでモテそうな薫ちゃん。あ、モテてるのか。ヒロコママとかに(笑)
ラスト1分の、特命のあまりに可愛いしぐさに悶絶しました。なにやっちゃってんの二人して!!(爆笑)
お土産を1人一つずつ持ってですね・・・こう、斜め上に掲げるんですが、全く同じ角度同じ仕草なんですよ。どっちかというと薫ちゃんの仕草を右京さんが面白がって真似してるんですよー!可愛すぎる。


ひるおびはゲスト出演のハンチョウに思わず奇声。ハーンーチョー!!佐々木蔵之介大好きです。で、3月半ばに蔵之介さんが安積さんやるってきいて小躍りしましたとも!
職場の友達が今野敏の安積警部補シリーズが好きで、結構前から勧められてたんですが読み始めたのはごく最近。そう、刑事ものブーム到来の余波で読み始めたのが2月始め。安積さんに蔵之介さんって・・・かなりイメージに近くてワクワクしてるんですが、それ以上に須田刑事役に塚地さんが、はまり役過ぎて爆笑です。なんてナイスキャスティング!!
つーか、速水さん沢山出てきてくれないかなー。原作で安積さんと同期で悪友な速水さんが好きです。安積さんに「黙って俺についてこい」と職権乱用した速水さんと振り回される安積さんが可愛くて好きですw
友人曰く、「なんで速水って名前の奴はあんなにイケイケ系なんだろうねー」
私「そうですねー、ジェネラル(@海棠尊)もイケイケですもんねー」
うん、まぁ、あんな感じです。
佐々木蔵之介と言えば思い出深いのはN○Kラジオドラマ青春アドベンチャー「仮想の騎士」のジャック・カザノヴァ。蔵之介さんがCVだったんだけど、彼の関西弁が楽しくって声が好みで、一気にファンになりましたよ。その後ちょくちょく名前をTVで見かけるようになって・・・トライアングルとギラギラは良かったなぁv
刑事ものとしては寺様が大先輩で・・・にちょっと泣けた。

Season5-1は、大小が可愛い。別に活躍はしてないんだけど、通り過ぎる薫ちゃんに「おう」と挨拶して、ちょっと面食らう薫ちゃんに笑いました。なんかなー、大小もいっつも一緒にいるから・・・・なかよしさんめ!
5-2は、トリオの歌ですね。思いがけずイタミン以下トリオの歌声が聞けます。イイ声・・・v最後のイタミンの台詞の後、戻るイタミンの背中を叩く三浦さんがイイ感じ。



ハンチョウ見ました。
安積さんがにこにこにこにこ笑っていて、こっちも釣られて笑いつつ、安積さんのあまりの愛想の良さに驚愕でした(笑)
ポーカーフェイスはどこ行った―――!!(笑)
原作の安積さんは表情が乏しいというか、感情を顔に出すのが苦手で、内心(もうちょっと褒めてやればよかった)とか悶々としてるのが可愛いのですがw そして回りから優秀な刑事という扱いを受けつつ(良いように解釈されているな・・)とか思っているのが可愛いのですが!
まぁ、原作とちょっと違いますが・・・・及第点だったのではないかと!
つーか、蔵之介さんの笑顔ってホント癒されますよねーvほわわん。と言っていたら、姉が「だって女性を癒す笑顔だもの・・・「それ違うから!番組が!Σ( ̄□ ̄;)」とツッコミ済み。確かにギラギラの蔵之介さんには癒されましたけど!
須田刑事の骨折って・・・・ホントに塚地さんが骨折してるから書き換わったんですね・・・。
そして須田さんのみならず感傷的な神南署の面々(苦笑)
村雨さんがかっこよすぎた。イケメン過ぎるだろう・・・!!(爆)でも四角四面な性格はちゃんと出てましたねv
桜井くんはもっとキャピっとしていてもよかったかも。なんたって新人類。
黒木くんはスポーツマン設定だからまぁ合ってるw
そういえばあの女の子は誰だ・・・・・?
(原作読んでいると言ってもまだ最初の旧ベイエリア分署時代の2冊読んだだけだから分からん・・・)
寧ろ速水隊長がもっとかっこよくても良かったかも・・・・(爆)や、イメージとしてはそんなに外してないからいいんですけど。安積ちゃん(笑)を構いたくてしょうがない速水さんに、にやにや。

これから3ヶ月は、月曜日は楽しみな日になりそうです!



Aさまへ私信>アンカーで良ければ(すみません!)答えますので!
ちょっと待って・・・!(3日居ないにはなんとか・・・)
指定バトン
2009年04月07日 (火) | 編集 |
 ズバリ【指定バトン】
※注意
指定者以外は絶対にやらないで下さい。いつ回ってくるかのバトンなんで!
※回してくれた人から貰った『指定』を『』に入れて答える事

指定【亀山くん】
まさかの亀山君指定に驚き。いいんですか?
あー・・・でも確かに私最近薫ちゃんの話しかしてない・・・・と愕然としてみました。


1.最近思う『亀山くん』
卒業自体夢でしたというオチ希望です・・・・(無理)どうあがいたって無理なことは分かってるけど帰ってきてー!
帰ってくるのが無理ならせめてゲスト出演とか!
米沢さんムービーの会見にて、イタミンの中の人が「伊丹のスピンオフとかどうですか?」と聞かれて「むしろ亀山のスピンオフを作ってそれに絡みたい」と仰っていて涙腺崩壊。川原アニキ素敵すぎる・・・!!
そうだよ薫ちゃんのスピンオフで一課時代の話を書いてくれたらいいよそしたらイタミンと相棒だよ!(笑)
うん・・・薫ちゃんのスピンオフも無理なことは分かってるworz 



2.こんな『亀山くん』には感動
右京さんに欠けている部分を補ってくれるのが薫ちゃん。2人で特命係。2人で相棒ですよ!
超人的な舌(味覚)とか神懸かり的な山勘とか色々設定がありますが、庶民的な感覚とか優しさとかそういう薫ちゃんの根っこの部分がとても好きです。
あと見ていてすごくビックリするのが、右京さんの「亀山くん!」の一声でなにもかも了解して走り出すところ。・・・・右京さん具体的な指示だしてないんだけど分かっちゃうの?相棒だから?(そんな馬鹿な!)


3.直感的な『亀山くん』
情に厚い馬鹿正直なお人好し。


4.すきな『亀山くん』
犯人を涙ながらに説得するシーンが凄く好きです。「4-2 殺人講義」
被害者の心を開いた一本気な熱意で薫ちゃん大活躍な「3-2 予告殺人」
私、結構薫ちゃんが泣いているシーンが好きなんですよね・・・。右京さんの中の人も薫ちゃんの中の人も、同じくそう思ってるみたいですけど(笑)
「5-1 杉下右京最初の事件」にて薫ちゃんが「自首にしませんか」って右京さんを説得するシーン。
「君がいつも傍にいてくれて助かりますよ。僕には君のようなしなやかさに欠けています」
右京さんが手放しで薫ちゃんに感謝するのって珍しいよねぇ。
あとは「1-10 最後の灯り」で薫ちゃんが右京さんをおんぶして海岸沿いを歩いてくシーン。薫ちゃんに背中を出されてかなり冷たい目をして断った右京さんが、結局負けておんぶされながら「こんな日が来るなんて・・・」と呟いて薫ちゃんがにっこりする場面!怪我をして足手まといだろうとも、薫ちゃんは右京さんを見捨ててなんていかないんだよ!ということを右京さんが身をもって知った日だと思うのです。いつの間にか信頼してた、はここから始まるんだよね。1-10⇒「1-11,12特命係最後の事件」に繋がる流れはホント神です。


5.こんな『亀山くん』は嫌だ
Season7冒頭の事件からたった3ヶ月で海外ボランティア参加とかホントあり得ないから―――!!!!(号泣)



6.この世に『亀山くん』がなかったら…
相棒自体にハマらなかった・・かも?
薫ちゃん萌とハボ萌が私の中では直結してるので・・・・。右京さん一人っきりじゃ多分こんなにドラマを見続けることはなかったと思います。


7.次に回す人。6人(『指定』つきで)
すみませんアンカーで。

回して下さったあゆみさまありがとうございましたーv


------------------------------



新番組の鋼のOPとEDを延々とヘビロテしています。気に入ったv
早くカラオケに入らないかなー♪
もともとYUIは良く歌うし、、難しい歌の方が燃える。歌いきるときっと気持ちイイだろーなー。


なんだかアニハガがもう一度始まると、数年前ものすごーく鋼にハマっていた時のもろもろの感情や萌がわーっと甦ってきてびっくり。
(但し声が違うのが思ったよりダメージが大きかったので、もう一度ハボロイにハマるかどうか微妙な―――・・・)(やっぱり大川ロイちゃんに松本ハボが良かったよぅ・・・)
暫く原作から離れていたんですが・・・もう一回読み直したいなー。原作どこまで行ってんだろう・・・。
そろそろ(一年くらい)に風呂敷を畳んでいくと荒川センセがユリイカで仰っていたと聞いたんですが・・・ホントにそろそろ終わっちゃうの?!

いろいろ。
2009年04月07日 (火) | 編集 |
色々放置ですみません。
バトンは明日答えます!>あゆみさま

4月になって後輩ちゃんが入ってきて今ほぼマンツーマン。うん、この仕事、ホント覚えること多いんだよね・・・・。
へこたれるながんばれー。もう教えられるのがあと5ヶ月っきりなので。

で色々言いたいことはたまっていたんですが放置していました・・。

じゃぁまず相棒Season7の最終回から(苦笑)
還流、レベル4に続いて相棒重要局面担当(まぁ生みの親だし)輿水脚本で新相棒デビューです。
「亀山君の代わりにはなりませんよ」の右京さんの台詞に泣けた。
今までひとっことも「亀山」の名前が出なかったけど、輿水さんは出してくれたんですね。
右京さんが警察だとバレるシーンは、あぁ、薫ちゃんだったらバレなかっただろうにね、と思ったし。
「うきょうさ~ん!!」(そういえば、薫ちゃんが「杉下警部」って呼んでるシーンってないんですよ。小芝居除いて)
突然プレ2で右京さん呼びですもん。(小説版では、薫ちゃんが初めて右京さん呼びしたシーンと、いつの間にファーストネームで呼ぶようになったんですか?と右京さんが聞くシーンがあります。薫ちゃんの答えに右京さんがすごく嬉しそうで・・・ほっこり)
うん、輿水脚本良かったです。捜一があんなに暇そうなのはあり得ないと思ったけど(笑)
今までの変な右京さんはちょっとなりを潜めてたし。
ねずみには吃驚した。そういう視点か!なるほどね~。
あの右京さんについていける薫ちゃんの神経を疑う神戸がおかしかったです。
まぁ薫ちゃんも結構腹立ててたけどね(笑)

うん、よかったけど・・・・・正直、もうSeason8から見なくていいや、と思いました。
やっぱり私から見たら、右京さんの隣が薫ちゃんじゃないなんてあり得ないんですもん。
私の愛してたドラマは去年の12月で終わっちゃったんだなぁ・・・とようやく実感しました。
あるいみ吹っ切れたというか、すっっきり、卒業出来ます。
今まで有り難うございました、という気分。

裏相棒2,三浦さん。。。(爆笑)
なんて可愛いおじさまなんだろう、と思いました。
三浦さんに振り回される1&2も可愛い。

次の日今日はあちこちから、「相棒見た・・・?」と聞かれました。
「見ました・・・・。悪くはなかったんだけど、やっぱり私の好きだったドラマからはかけ離れてしまって・・・・」とぼんやり呟いたら、
「目が死んどるよ!?」とビビられた(苦笑)
うん、面白かった、という声は聞くし、コミカルなシーンも多かったので、それはそれで良かったんだと思うんだけど・・・・・。
でも、私は、薫ちゃんと右京さんの絆が好きだったので。2人の相棒っぷりを見るのが楽しかったので。
相棒=右京さんと薫ちゃんであって、右京さんともう1人じゃないんだよ。
右京さんさえいればいいなんて思えないんだもの。



相棒劇場版TV初登場!!
というわけですが・・・・最初のかんべそんは正直要らないと思った。せっかく薫ちゃんがいる劇場版なんだから浸ろうと思ってたのに台無しだよ!プロデューサー K Y す ぎ る・・・!(涙)米沢さんムービーでも新相棒って、どんだけ旧ファンの神経逆撫でしたら気が済むんですか!!
でもちょっとイタミンにほっこりしました。イタミン素敵すぎ。きゃんきゃんじゃれかかってるのを相手してやっただけだそうです(爆笑)いや寧ろ貴方がキャンキャ(ry
そして劇場版で薫ちゃんをみるのを心待ちにしているのね!(爆笑)このツンデレッぷりがたまりません。
つーか、右京さん除いて、薫ちゃんをちゃんと思い出してくれるのってイタミンなんだよね・・・・。(あ、課長もね!)
普段犬猿の仲なのに秘やかな友情が見え隠れするの萌―――!!
右京さんとは違う意味で、薫ちゃんとイタミンのコンビが好きでした。米劇場版のコメントにて「伊丹のサイドストーリーは?」と聞かれて「寧ろ亀山のスピンオフを作ってそれに絡みたい」と言ってくれた川原アニキにスタンディング・オベーションな気分です。まぁ実現不可能なのは分かってるんだけど・・・!!(オトナの事情って嫌ね!)
小説でいいからハセベバクシンオーさんあたりで(指名)、薫ちゃんの一課時代の話とか書いてくれないかなぁ。
S7の越境捜査が素晴らしすぎたので、もう1冊くらい書いて欲しいな~。


劇場版観て、やっぱり薫ちゃんの居る相棒じゃないとなぁ、と改めて思いました。
手紙を読むシーンで、薫ちゃんが涙拭ってるのが凄く・・・いいなぁ。
泣くべき所で泣ける人なんだよね、薫ちゃんって。画面じゃ分かりにくいんだけど、泣いてるやよいさんの背中を宥めるように撫でてるのよ!自分も泣きながら。しかもそれ、寺様無意識にやってたらしい・・・。それ聞いたとき、「やっぱり薫ちゃんなんだよな」というちょっと意味不明な納得をしたw
西田さんと豊さんの対決は、これマジ長回し(ノーカット)なんですか・・・!Σ( ̄□ ̄;)と改めて思った。凄すぎる。

やっぱねー、薫ちゃんじゃないとねー、薫ファンは面白くないんですってば!!
薫ちゃんと右京さんのコンビが好きだったのですってば!
2人で特命でしょ?!

---------------------

4月から、5日から鋼の第2期が始まるんですが・・・・・・え、あれ?エドアルの声が変わってなかったから
油断してた―――!!!
予告見てたら、あれ?なんかロイちゃんの声違くね?大川さんじゃないの・・・?と公式サイトへ飛んだら。
キャスト変更されてた―――!!!(号泣)
ちょ、なんで変えるんだよ!大川さんでいいじゃんか!!(まぁ最初聞いたときは、低いなぁ~って思ってたけど)
新しいロイちゃんは三木眞さんです。
三木眞大好きですよ!つっくん(@ごはんを食べよう)も可愛かったし今ブリーチで過去編やってる浦原さんも大好きですよ!!
でもロイちゃんのイメージはもう大川さんなんですよ・・・・(涙)
三木さんはすごい声優さんだから、きっとロイちゃんも違和感なく演じられると思うんだけど。多分三木眞ロイちゃんも好きになると思うんだけど、やっぱり切ない・・・。
リザちゃんもハボも変わってる・・・。ハボはうえだゆうじさんですよー。うえださんも大好きだけどね(涙)変わってないの、兄弟除いてヒューさんとアームストロング少佐くらい・・・?(まぁこの2人を変えてたらもっと吃驚だ・・・)特にヒューさん。こんなにハマり役なのに。
鋼2期を見ない、という選択肢はないものの、ちょっとどころじゃなく切ないなぁ・・・・。

まだ亀卒業ショックを引きずっている私にとって手痛いカウンターパンチですよ!
ちょ、降板とかキャスト変更とかほんともう勘弁して下さいorz

エドワード・エルリック :朴?美
アルフォンス・エルリック :釘宮理恵
ウィンリィ・ロックベル :高本めぐみ
ロイ・マスタング :三木眞一郎
リザ・ホークアイ :折笠富美子
アレックス・ルイ・アームストロング :内海賢二
マース・ヒューズ :藤原啓治
ジャン・ハボック :うえだゆうじ
ハイマンス・ブレダ :佐藤美一
ケイン・フュリー :柿原徹也
ヴァトー・ファルマン :浜田賢二
マリア・ロス :名塚佳織
キング・ブラッドレイ :柴田秀勝
スカー :三宅健太
ラスト :井上喜久子
グラトニー :白鳥哲
エンヴィー :高山みなみ
ゾルフ・J・キンブリー :吉野裕行

・・・・で鋼2期1話みた感想。
・・・・・・ロイちゃんにすごい違和感を覚えてしまった・・・orz
なんだか三木さんの声の吹き替えを聞いているみたい。
まだ、「あれ、大川さんじゃない・・・」と感じてしまいそう。
ハボがまだ出てきてない(泣)のでなんとも言えませんが、リザちゃんはキリッとした声のイメージなのでやっぱり違和感。
友人に愚痴ったら「スケジュールがあわなかったのかも・・・・」そうかも。。。。
ところでアームストロング少佐とは面識があったみたいなのにヒューズと初対面ってどういう??>兄弟
なんだか切なくなってきたので、全然見てなかったプレミアムコレクションを引っ張り出してきました。
ちょ、前のDVDレンタルしてこようかなぁ・・・・。ポルノとラルクのOPがもっかい見たいなぁ。
YUIのOPは結構好きです。ハボ出てこないけど・・・・(涙)大佐の指ぱっちんは未だに笑ってしまう。お笑いだよねこれ。
OPの最初に出てくるのって・・・ホーエンハイムですよね?歌詞が妙にシンクロしてて、ホーエンハイム主人公なアニメかと思った(苦笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。